アーセナル2020冬の移籍最新情報まとめ!補強する噂の新加入・退団選手もまとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

かつては無敗優勝を成し遂げるなど、アルセーヌ・ベンゲルが築いたアーセナルはプレミアリーグ屈指の強豪へと成長しました。

 

アルセーヌ・ベンゲル退任後、ウナイ・エメリが引き継ぎましたが、サー・アレックス・ファーガソンが去ったあとのマンチェスターユナイテッドと同様に、長期政権のあとのチーム作りに苦戦し近年はCL出場すらおぼつかなくなっています。

 

今回はそんなアーセナルの今季をおさらいし、補強ポイントや具体的な補強候補の選手をご紹介したいと思います。

という事で今回は、

  • アーセナル2020冬の移籍最新情報まとめ!
  • アーセナル2020冬に補強する噂の新加入・退団選手は?
  • まとめ

アーセナル2020年夏の移籍情報を確認したい方はこちら

アーセナル2020夏の移籍最新情報まとめ!噂の獲得候補や退団選手含めた補強リストも調査!

 

アーセナル2020冬の移籍最新情報まとめ!

アーセナルの今季ここまで

批判も浴びながら何とか1年間を乗りきったエメリですが、結局今シーズンも波に乗りきれず解任されてしまいました。

 

エメリはチームの再建中にも関わらず我慢してもらえず解任されてしまった感が強くあります。

確かにベンゲル時代から課題と言われ続けていた守備の手入れが上手く行かず、誰がマークに行くかはっきりしないまま失点するケースも散見され、組織的な守備というのはない状態でした。

 

末期状態の時は、選手がエメリの拙い英語をロッカー内で茶化していたとする報道があるなど、監督と選手の関係は完全に冷えきっていたと言えます。

しかし、最後に責任をとるのが監督とはいえ、このようなことをしてしまう選手側にも相当の落ち度があるのではないでしょうか。

 

そして、このようにバラバラな状態になったチームをもう一度1つのグループにするには相当なリーダーシップがないと難しいと言わざるを得ません。

 

後任としてかつてアーセナルでもプレーしたミケル・アルテタを招聘しました。

引退後はマンチェスターシティでグアルディオラの下コーチをしていましたが、監督は今回が初めてということもあり、このような状況でかつてのレジェンドの監督を起用するのは一種のギャンブルにも思えます。

 

そんな明るくない話題が続くアーセナルですが、主力選手にも移籍の噂が絶えず、一歩間違うとヨーロッパ圏内からも落ちる危険があるほど余談が許さない状態と言えるでしょう。

 

ロッカールームの雰囲気を変えるためにも選手の入れ換えは多少なりとも必要なので獲得ポイントをここで見ていきたいと思います。

 

 

アーセナルの補強ポイント

①強烈なリーダーシップを発揮できる選手

先程お伝えした通り、エメリ解任前にはロッカールーム内で監督をバカにしていたなどチームないの雰囲気が良くないことが読み取れます。

 

今季キャプテンに任命されたグラニト・ジャカがファンに対して不適切な振る舞いをするなど選手一人一人の意識が欠けていると言われてもおかしくないニュースが続いており、かつてのパトリック・ビエラのような存在となれる選手がほしいところです。

 

ただし、こちらは選手獲得で解決するものではなく、現有戦力の中から自然と出てくることもよくあるので、新加入のダビド・ルイスルーカス・トレイラの成長に賭けたいところです。

 

 

②エジルの後任候補

エメリ前監督就任後、出番をめっきり減らしており、最近では新疆ウイグル自治区を巡る中国の対応を非難する投稿をSNS上でして波紋を起こすなど、チームとしてもレンタルを含め放出の噂が耐えません。

 

実力的にはまだまだ錆び付いておらず、本人のキャリアを考えてもここで袂を分かつのがお互いのためになるのではないでしょうか。

願わくば金銭を残して別の選手獲得の資金に充てたいと思われますがどのようになるでしょうか。

 

 

アーセナル2020冬に補強する噂の新加入・退団選手は?

アーセナルの獲得候補

FW:ヤニック・フェレイラ・カラスコ(大連一方)

https://platform.twitter.com/widgets.js

若くして中国へと移籍したカラスコですが、やはり中国での暮らしに満足できず度々ヨーロッパへの帰還を希望しています。

ただし、中国のチームからしても放出する理由もなく、大幅な減俸など難しい交渉が予想されます。

アーセナル自身も夏にある程度の資金を使った影響で予算が限られており、現有戦力の整理が第一となるでしょう。

 

 

FW:ハメス・ロドリゲス(レアルマドリード)

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

レアルマドリードもアーセナルと同様に現有戦力の整理に苦戦しており、相応の金額を用意すれば交渉はまとまるでしょう。

ハメスも復活の舞台が揃えばまだまだ超一流の選手なので現実的な話になる可能性があります。

 

 

退団選手

MF:メスト・エジル(→フェネルバフチェ?)

先述した中国批判で中国国内でのアーセナルの試合の放映が取り止めになるなど、巨大マーケットの中国からの心象を悪くしたアーセナルが更に放出の流れを加速する可能性もあります。アーセナルとしても資金を得られるのであれば放出もやぶさかではないはずです。

 

 

MF:グラニト・ジャカ(→ドイツクラブ?)

今季は主将に就任しましたが、途中交代にの際にファンのブーイングに対して不満を露にし、この一件が元で首将を剥奪されました。
出番も減らしており、かつてプレーしたドイツへの復帰が噂されています。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回はアーセナル2020冬の移籍最新情報に加えて、補強する噂の新加入・退団選手もお伝えしました。

 

エメリの解任によりチーム作りは一からとなります。

アルテタペップの元で学んだことを活かせるようチームもサポートして欲しいですね。
ロッカールームの雰囲気も悪くなっていることが伝えられているので、エジルジャカらの放出が決まれば獲得の動きが強まるかもしれません。

アーセナル2020年夏の移籍情報を確認したい方はこちら

アーセナル2020夏の移籍最新情報まとめ!噂の獲得候補や退団選手含めた補強リストも調査!

 

いつもありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*