高校サッカー選手権2019福岡予選の日程と組み合わせまとめ!優勝候補や注目選手も調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【98回全国高校サッカー選手権大会】の予選が各地で行われています。

 

令和初の冬の選手権ということで、サッカーファンも待ち遠しい季節ですね。

日本のサッカーどころといえば、静岡県、千葉県などが有名ですが、福岡県もです!

 

今、世界クラスのCBとして注目の的の、富安健洋選手(イタリア・ボローニャFC所属)長く鹿島アントラーズや日本代表でも活躍した本山雅志選手も福岡県出身です!

 

二人とも高校卒業まで、地元福岡の地でサッカーに励み研鑽を積んでいました。

なので今回はそんな「レベル高すぎ!」福岡県予選】 についてまとめていきます。

 

福岡県の高校サッカー部といえば、全国優勝複数回の東福岡高校がやっぱり筆頭ですね!

そして、東海大付属福岡高校、九州国際大付属高校なども強豪校ですね。

 

一つ抜きんでた存在の東福岡高校が王座を守るのか?その牙城を崩し、番狂わせが起こるのか?

熱い戦いに目が離せませんね!ということで全国高校サッカー選手権2019福岡大会に注目しましょう。

 

記事の順番は

  • 全国高校サッカー選手権 2019福岡県大会の日程
  •  全国高校サッカー選手権 2019福岡県大会の組み合わせ
  • 全国高校サッカー選手権 2019福岡県大会の優勝候補
  • 全国高校サッカー選手権 2019福岡県大会の注目選手
  • まとめ

という順番でお伝えしていきます。

各都道府県の日程や出場校はこちら

高校サッカー選手権2019-2020日程と出場校一覧!優勝候補や注目選手も紹介!

 

 

全国高校サッカー選手権2019福岡県予選の日程は?

令和元(2019)年7月20日(土)から一次予選が始まっており、10月19日から二次予選が開始しています。

 

注目校を見る前に、福岡県予選の組み合わせの決定方法を見ていきましょう。

福岡県予選はまず、A、Bパートに分けた一次予選を行います。

 

A、Bパートのそれぞれ8ブロック戦を行い、その勝者16チームと一次予選免除のシード校8チームの合計24チーム二次予選を戦います。

 

一次予選免除校は、東福岡・九州国際大学付・筑陽学園・東海大福岡・飯塚・希望が丘・豊国学園・高稜です。

 

そして一次予選免除校のうち、

2次予選3回戦から、東海大福岡高校が登場していて、2次予選準決勝から、東福岡高校が登場します。

第98回高校サッカー選手権千葉県予選は7月20日より始まっており、現在、一次予選が終了し、二次予選の3回戦まで消化しています。残すところは、二次予選の四回戦、準決勝、決勝戦です。

 

二次予選の日程は、以下の通りです。

 

二次4回戦

11月9日

 

準決勝

11月27日

 

決勝

12月4日

全国高校サッカー選手権2019福岡県予選二次予選の組み合わせは?

二次予選四回戦

日程 対戦カード
2019.11.9 13:00~ 高陵 1 - 3 東海大福岡

 

二次予選準決勝

日程 対戦カード
2019.11.27 17:00~ 筑陽学園 1 - 0 九州国際大付属
2019.11.27 17:00~ 東福岡 4 - 0 東海大福岡
二次予選決勝
日程 対戦カード
2019.12.4 16:00~ 筑陽学園 1 - 0 東福岡

日程対戦カ

記念すべき令和最初の全国大会出場は筑陽学園に決定しました!

 

 

 

全国高校サッカー選手権2019福岡県大会の優勝候補は?

強豪ひしめく福岡県大会の優勝候補として挙げたい高校は、

「東福岡高校」「東海大付属福岡高校」「九州国際大付属高校」3校です。

 

全国高校サッカー選手権福岡大会の優勝実績は、東福岡高校22回、東海大付属福岡高校14回、

九州国際大付属高校2回となっており、東福岡高校がやはり一つ抜きんでた存在です。

 

【東福岡高校】

サッカーの高校年代最高峰のリーグ、プレミアリーグに所属し、全国高校サッカー選手権優勝3回、全国高校総体(インターハイ)優勝3回、全日本ユース選手権優勝1回の圧倒的な実績を誇っています。

 

ユニフォームの色から「赤い彗星」というニックネームまであります!

https://platform.twitter.com/widgets.js

ユニフォームの色から、愛称があるなんてブラジル代表みたいですね!

 

※サッカーブラジル代表は、黄色のユニフォームからカナリア軍団という愛称があります。

https://platform.twitter.com/widgets.js

東福岡高校の知名度、注目度の高さが伺えます。

 

主なOBは、日本代表SB長友佑都選手(ガラタサライ/トルコ)、元日本代表MF本山雅志選手(ギラヴァンツ北九州)です

 

 

【東海大付属福岡高校】

全国高校サッカー選手権14回出場をもつこちらも優勝候補校です。

 

全国優勝はまだないので、福岡選手権を制し全国制覇を虎視眈々と狙っていると思います。

こちらの高校にもユニフォームの色から愛称がありまして、「華麗なる猛虎」と呼ばれています。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

東海大付属福岡高校の猛襲に注目していきたいですね!

 

OBには、セレッソ大阪所属のMF藤田直之選手がいます。

 

 

【九州国際大付属高校】

続いて、優勝候補としてあげるのは、九州国際大付属高校です。

 

プリンスリーグでも活躍し、全国高校サッカー選手権出場2回、全国高校総体(インターハイ)出場1回の実績があります。

第92、93、95回の福岡県予選では準優勝しており、王者・東福岡高校にあと一歩で優勝を逃しています。

今年から江藤謙一監督、星加コーチを迎え、新体制となった九州国際大付属高校も優勝候補です。

 

主なOBに、日本代表FWの永井謙佑選手(FC東京所属)がいます。

 

 

 

全国高校サッカー選手権2019福岡県予選の注目選手は?

【荒木遼太郎(あらき りょうたろう)東福岡高校】

 

J1鹿島アントラーズに入団が決定している3年生で、ポジションは、ボランチです。

 

柴崎岳選手に憧れていると公言しているだけあって、技術力を生かしたパス、展開力には定評があります。

今後の課題として、ボール奪取などのディフェンス力をあげられていますが、名門・東福岡高校で1ボランチを務めながら、日々研鑽を積んでいます。

 

柴崎選手と同様に日本代表で欠くことのできない選手になるかもしれない、そんな荒木選手に注目です!

 

 

【工藤和真(くどう かずま)東海大福岡高校】

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

東海大福岡高校の2年生で、ポジションはボランチです。

 

こちらも名門、東海大福岡高校で1ボランチを務めています。

ボールタッチの多彩さには群を抜くものがあり、同校の要となっている選手です。

今後の課題として「後半の集中力」と本人も言っているように、メンタル面があげられています。

 

工藤選手が、メンタルを克服して、一皮剥けるか?そして、東海大福岡高校も東福岡高校の牙城を崩せるのか?

そんな点にも注目して観るのも面白いはずです!

 

 

【吉田晃(よしだ あきら)九州国際大付属高校】

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

J1名古屋グランパスエイトに内定している3年生で、ポジションはCBです。

 

名古屋グランパスエイトの公式HPにも「スピード、高さ、柔軟性を併せ持ち、将来性豊かなセンターバック」と

紹介されている逸材です。

 

185cmの長身で空中戦にも強いですが、ボールタッチの柔らかさには一見の価値ありです。

強さと足元の技術を併せ持ったCBとして、同じ九州出身の富安健洋選手や、名古屋グランパス出身の吉田麻也選手のようになれるといいですね!

 

期待値の高さでは他の追随を許さない吉田選手を要チェックです。

 

各都道府県の日程や出場校はこちら

高校サッカー選手権2019-2020日程と出場校一覧!優勝候補や注目選手も紹介!

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は全国高校サッカー選手権2019福岡県予選の日程と組み合わせに加えて、優勝候補、注目選手をご紹介しました。

 

現在は二次予選三回戦まで終了しており、11月9日に二次予選四回戦、11月27日に準決勝、12月4日より決勝戦が始まります。

優勝候補は東福岡高校、東海大福岡高校と九州国際大付属高校となっています。

 

注目選手はプロ内定の荒木遼太郎選手と吉田晃選手、2年生ながら1ボランチを務める工藤和真選手ご紹介しました。

 

全国屈指のレベルを誇る福岡県ですが、本大会での躍進を果たすのはどこのチームになるか楽しみですね!

 

いつもありがとうございます。だんだん!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*