高校サッカー選手権2020-2021日程と出場校一覧!優勝候補や注目選手も紹介!

 

第99回高校サッカー選手権大会が始まります。

 

既に出場校は出揃っていて、選手達は戦いに向けて、緊張とワクワク感を楽しんでいる頃ではないかと思います。

 

第97回大会は、乾貴士選手(SDエイバル/スペイン)が応援サポーター、令和初の高校サッカー選手権大会は、長友佑都選手(ガラタサライSK/トルコ)が応援サポーター、そして今大会は、応援リーダーとして内田篤人さん、応援マネージャーとして本田望結さんが大会を盛り上げています。

 

近年では、高校サッカー選手権で活躍した選手が、卒業後すぐにJリーグで活躍する事もあり、そのレベルの高さは、試合を見ていても感心する程です(大阪代表になれなかった興国高校から5人がJリーグ入りが内定)。

 

コロナ禍に行われる、ある意味特別な大会となった第99回大会を制するのは、どの高校になるか、まずは、参加高校が気になりますよね。

 

という事で今回は、

  • 高校サッカー選手権2020-2021日程
  • 高校サッカー選手権2020-2021の出場校一覧!
  • 高校サッカー選手権2020-2021の優勝候補
  • 高校サッカー選手権2020-2021の注目選手
  • まとめ

をお伝えしていくけんね!

 

 

高校サッカー選手権2020-2021日程

 

【1回戦】

2020年12月31日

 

【2回戦】

2021年1月2日

 

【3回戦】

2021年1月3日

【準々決勝】

2021年1月5日

 

【準決勝】

2021年1月9日

 

【決勝】

2021年1月11日

という日程で行われます。

 

ちなみに、今回の第99回高校サッカー選手権大会の予選から決勝まで全試合のハイライトが「DAZN」で見れます。

こちらから確認ができます↓

 

今まで一度もDAZNに加入したことが無い方なら、無料お試し期間である1ヶ月の間に解約すれば(電話1本で解約可能です)ホントに0円です。

 

 

 

高校サッカー選手権2020-2021の出場校一覧!

ちなみに、第97回大会(2018~2019)の出場校は、

第97回大会出場校一覧

【北海道・東北】

都道府県 高校名 回数
北海道 旭川実業高校 3年連続7回目
青森県 青森山田高校 22年連続24回目
岩手県 遠野高校 6年連続28回目
宮城県 仙台育英高校 2年連続33回目
秋田県 秋田商業高校 4年連続44回目
山形県 羽黒高校 2年連続7回目
福島県 尚志高校 5年連続10回目

 

 

【関東】

都道府県 高校名 回数
茨城県 明秀日立高校 2年連続3回目
栃木県 矢板中央高校 2年連続9回目
群馬県 前橋育英高校 5年連続22回目
埼玉県 浦和南高校 17年ぶり12回目
千葉県 流経大柏高校 2年連続6回目
東京都A 国士館高校 15年振り4回目
東京都B 駒澤大高校 2年振り4回目
神奈川県 桐光学園高校 2年振り11回目
山梨県 日本航空高校 6年ぶり2回目

 

 

【北信越】

都道府県 高校名 回数
新潟県 帝京長岡高校 2年振り6回目
長野県 都市大塩尻高校 3年ぶり5回目
富山県 富山第一高校 4年連続29回目
石川県 星稜高校 2年連続28回目
福井県 丸岡高校 3年ぶり29回目

 

 

【東海】

都道府県 高校名 回数
静岡県 浜松開誠館高校 初出場
愛知県 東邦高校 2年振り6回目
岐阜県 岐阜工業高校 4年振り26回目
三重県 四日市中央工業高校 3年振り33回目

 

 

【関西】

都道府県 高校名 回数
滋賀県 草津東高校 2年連続10回目
京都府 東山高校 22年振り3回目
大阪府 大阪学院大高校 初出場
兵庫県 関西学院高校 50年ぶり10回目
奈良県 一条高校 3年連続9回目
和歌山県 和歌山北高校 2年ぶり11回目

 

 

【中国】

都道府県 高校名 回数
鳥取県 米子北高校 9年連続13回目
島根県 立正大淞南高校 3年連続17回目
岡山県 岡山学芸館高校 2年振り2回目
広島県 瀬戸内高校 初出場
山口県 西京高校 5年振り3回目

 

 

【四国】

都道府県 高校名 回数
香川県 四国学院大香川西高校 4年振り11回目
徳島県 徳島市立高校 2年ぶり16回目
愛媛県 宇和島東高校 8年ぶり5回目
高知県 高知西高校 2年連続2回目

 

 

【九州】

都道府県 高校名 回数
福岡県 東福岡高校 6年連続20回目
佐賀県 龍谷高校 初出場
長崎県 長崎総科大附属高校 3年連続6回目
熊本県 大津高校 3年ぶり17回目
大分県 大分高校 2年ぶり10回目
宮崎県 日章学園高校 2年連続14回目
鹿児島県 神村学園高校  2年連続6回目
沖縄県 那覇西高校 2年ぶり16回目

という出場校でした。

 

ちなみに、第98回大会(2018~2019)の出場校は、

第98回大会出場校一覧

【北海道・東北】

都道府県 高校名 回数
北海道 北海高校 11年ぶり10回目
青森県 青森山田高校 23年連続25回目
岩手県 専大北上高校 初出場
宮城県 仙台育英高校 3年連続34回目
秋田県 秋田商業高校 5年連続45回目
山形県 山形中央高校 3年ぶり12回目
福島県 尚志高校 6年連続11回目

 

 

【関東】

都道府県 高校名 回数
茨城県 明秀学園日立高校 3年連続4回目
栃木県 矢板中央高校 3年連続10回目
群馬県 前橋育英高校 6年連続23回目
埼玉県 昌平高校 2年ぶり3回目
千葉県 市立船橋高校 3年ぶり22回目
東京都A 國學院久我山高校 4年ぶり8回目
東京都B 都立東久留米総合高校 8年ぶり3回目
神奈川県 日大藤沢高校 5年ぶり5回目
山梨県 日大明誠高校 初出場

 

 

【北信越】

都道府県 高校名 回数
新潟県 帝京長岡高校 2年連続7回目
長野県 松本国際高校 3年ぶり3回目
富山県 富山第一高校 5年連続30回目
石川県 鵬学園高校 3年ぶり2回目
福井県 丸岡高校 2年連続30回目

 

 

【東海】

都道府県 高校名 回数
静岡県 静岡学園高校 5年ぶり12回目
愛知県 愛工大名電高校 初出場
岐阜県 帝京大可児高校 2年ぶり6回目
三重県 四日市中央工業高校 2年連続34回目

 

 

【関西】

都道府県 高校名 回数
滋賀県 草津東高校 3年連続11回目
京都府 京都橘高校 2年ぶり8回目
大阪府 興国高校 初出場
兵庫県 神戸弘陵高校 4年ぶり10回目
奈良県 五條高校 初出場
和歌山県 和歌山工業高校 30年ぶり4回目

 

 

【中国】

都道府県 高校名 回数
鳥取県 米子北高校 10年連続15回目
島根県 立正大淞南高校 4年連続18回目
岡山県 岡山学芸館高校 2年連続3回目
広島県 広島皆実高校 2年ぶり15回目
山口県 高川学園高校 2年ぶり25回目

 

 

【四国】

都道府県 高校名 回数
香川県 大手前高校 初出場
徳島県 徳島市立高校 2年連続17回目
愛媛県 今治東高校 初出場
高知県 高知高校 7年ぶり16回目

 

 

【九州】

都道府県 高校名 回数
福岡県 筑陽学園高校 11年ぶり3回目
佐賀県 龍谷高校 2年連続2回目
長崎県 長崎総科大附属高校 4年連続7回目
熊本県 熊本国府高校 6年ぶり3回目
大分県 大分高校 2年連続11回目
宮崎県 日章学園高校 3年連続15回目
鹿児島県 神村学園高校 3年連続7回目
沖縄県 前原高校 5年ぶり3回目

 

 

第99回大会出場校一覧

【北海道・東北】

都道府県 高校名 回数
北海道 札幌大谷高校 5年ぶり3回目
青森県 青森山田高校 24年連続26回目
岩手県 遠野高等学校 2年ぶり29回目
宮城県 仙台育英高校 4年連続35回目
秋田県 明桜高校 27年ぶり4回目
山形県 日本大学山形高校 5年ぶり14回目
福島県 学校法人石川高校 初出場

 

 

【関東】

都道府県 高校名 回数
茨城県 鹿島学園高校 4年ぶり9回目
栃木県 矢板中央高校 4年連続11回目
群馬県 前橋商業高校 16年ぶり12回目
埼玉県 昌平高校 2年連続4回目
千葉県 市立船橋高校 2年連続23回目
東京都A 堀越高校 29年ぶり3回目
東京都B 関東第一高校 3年ぶり3回目
神奈川県 桐蔭学園高校 3年ぶり10回目
山梨県 山梨学院高校 3年ぶり7回目

 

 

【北信越】

都道府県 高校名 回数
新潟県 帝京長岡高校 3年連続8回目
長野県 松本国際高校 2年連続4回目
富山県 富山第一高校 6年連続31回目
石川県 星稜高校 2年ぶり29回目
福井県 丸岡高校 3年連続31回目

 

 

【東海】

都道府県 高校名 回数
静岡県 藤枝明誠高校 4年ぶり3回目
愛知県 東海学園高校 7年ぶり4回目
岐阜県 帝京大可児高校 2年連続7回目
三重県 海星高校 4年ぶり2回目

 

 

【関西】

都道府県 高校名 回数
滋賀県 近江高校 初出場
京都府 京都橘高校 2年連続9回目
大阪府 履正社高校 6年ぶり3回目
兵庫県 神戸弘陵高校 2年連続11回目
奈良県 山辺高校 初出場
和歌山県 初芝橋本高校 3年ぶり16回目

 

 

【中国】

都道府県 高校名 回数
鳥取県 米子北高校 11年連続16回目
島根県 大社高校 5年ぶり10回目
岡山県 岡山作陽高校 3年ぶり24回目
広島県 広島皆実高校 2年連続16回目
山口県 高川学園高校 2年連続26回目

 

 

【四国】

都道府県 高校名 回数
香川県 大手前高校 2年連続2回目
徳島県 徳島市立高校 3年連続18回目
愛媛県 新田高校 39年ぶり3回目
高知県 明徳義塾高校 4年ぶり8回目

 

 

【九州】

都道府県 高校名 回数
福岡県 東福岡高校 2年ぶり21回目
佐賀県 佐賀東高校 3年ぶり11回目
長崎県 創成館高校 初出場
熊本県 ルーテル学院高校 4年ぶり5回目
大分県 日本文理大学附属高校 初出場
宮崎県 宮崎日大高校 初出場
鹿児島県 神村学園高校 4年連続8回目
沖縄県 那覇西高等学校 2年ぶり17回目

昨年度優勝した静岡学園高校が出場出来ないなんて、やっぱり静岡のレベルの高さが伺えますね。

 

ちなみに、今なら各地方大会の決勝戦のハイライト動画を「SPORTS BULL」で配信していますので、興味がある方は見て下さい。

 

スポンサーリンク

 

 

 

高校サッカー選手権2020-2021の優勝候補

ちなみに、第97回大会の優勝校は、青森山田高校でした。

そして昨年の第98回大会は、その青森山田高校を決勝で倒した静岡学園高校が優勝しました。

 

優勝校予想

では、今大会の優勝予想をしていきたいと思います。

私の優勝予想は

  1. 青森山田高校
  2. 昌平高校
  3. 帝京長岡高校

です!

 

青森山田高校

97回大会の覇者で、98回大会も準優勝、言わずと知れた強豪校ですが、やはりあのメンバーを見てもそうですし、2020年の試合を見ても、優勝に一番近くにいる事は間違いないでしょう。

ただ、サッカーの天皇杯を見ても、Jリーグのチームが、大学生に負けてしまうのがサッカーです。

 

個人的には、初戦の広島皆実高校戦が重要だと思っていて、ここを越えれば決勝まではいくと思います。

 

特に高校年代は勢いに乗ったチームは想像もつかない快進撃をする事もよくありますので、絶対はないですが、やっぱり優勝かな?

 

 

昌平高校

今大会の顔ぶれを見ても、出場していれば優勝候補の高校が予選で負けていて、その中で強豪校として全国の舞台に出てきた昌平高校は優勝の可能性があると思います。

 

2020年のプリンスリーグでも、Jリーグのチームを抑えて3位に入っていて、間違いなく地力はあります。

 

組み合わせを見ても、徐々に波に乗って行けそうな組み合わせに見えますので(準々決勝からは厳しそう)、大会期間中に選手が成長しそうな勝ち方ができれば、優勝もアリです。

 

 

帝京長岡高校

昨年の選手権の準決勝、青森山田高校との試合は、今でも思い出せるくらい面白い試合で、個人的には前回大会で一番驚いたチームでした。

 

前回の青森山田高校戦も、内容的には勝っていたと思いますし、負けたのは経験値の差だったとも思っていますので、そういう意味でも今大会はもう一伸びして欲しいという願望込みです。

 

何よりも見ていて面白いサッカーをするので、1試合でも多く見たいです。

 

 

 

高校サッカー選手権2020-2021の注目選手

ちなみに、第97回大会で注目された選手は、

  • 檀崎 竜孔 (FW/青森山田高校)
  • 関川 郁万 (DF/流通経済大柏高校)
  • 三國 ケネディエブス (DF/青森山田高校)
  • バスケス・バイロン (MF/青森山田高校)
  • 染野 唯月 (FW/尚志高校)
  • 西川 潤 (FW/桐光学園高校)

等で、実際に注目に値する活躍でした。

 

そして98回大会の注目選手として挙げていたのは、

武田 英寿 (MF/青森山田高校)

昨年の第97回大会で、あのタレント集団の青森山田高校で唯一2年生でレギュラーだった武田選手ですが、来年のJリーグ浦和レッズへの内定も決まり、順調に成長した姿が見れると思うと、ワクワクします。

青森山田高校の10番を背負った武田選手を見逃さないで下さい!

 

 

染野 唯月 (FW/尚志高校)

昨年の第97回大会での得点王で、準決勝の青森山田高校戦でのハットトリックは衝撃でした。

何よりも点を取る才能を感じさせます。

来年には鹿島アントラーズへの加入が内定していて、誰も成し遂げていない2年連続得点王もある?

 

 

鈴木 唯人 (FW/市立船橋高校)

 

名門市立船橋高校で10番を背負い、来年から清水エスパルスへの加入が内定していて、FWとしては何でも出来る万能型のフォワードで、U-18日本代表経験も有り、今この年代は目立つ選手が多いので、まだまだ知らない方もいらっしゃると思いますが、この機会に是非覚えておいて下さい!

 

こんな感じでした。

 

第99回大会注目選手

松木 玖生 (MF/青森山田高校)

やはり、昨年の選手権でも思いましたが、あの青森山田高校で1年生から試合に出る事自体が並ではない証拠ですし、実際にプレーを見れば納得でした。

 

あれから1年経って、どのくらい成長しているかを見ることも楽しみですし(と言ってもまだ2年生)、注目したくなくても見てしまうと思います。

 

 

須藤 直輝 (MF/昌平高校)

鹿島アントラーズ内定選手。

 

こちらも、あの埼玉の名門昌平高校で、1年生から10番を背負う逸材です。

小柄で、足元の技術に自信を持っていて、ボールを持っていても明らかに余裕を感じます。

 

高校サッカーのレベルだと、かなり自由にボールを持てそうですので、この選手権では注目してみて下さい。

 

 

藤原 優大 (DF/青森山田高校)

 

浦和レッズ内定選手。

昨年の選手権でも試合に出ていましたので、ご存知の方も多いと思います。

 

身長182㎝、体重70Kgの恵まれた体格と、身体能力、そしてDFとしての読みの良さによって、高校年代では1対1で無敵ではないかと思わせます。

 

Uー19日本代表の肩書きは伊達じゃないですね。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、高校サッカー選手権2020-2021日程と出場校一覧に加えて、優勝候補や注目選手も紹介しました。

 

2020年は、新型コロナの影響によって、高校野球は春も夏も全国大会が中止に追い込まれました。

 

そんな中で高校サッカーの選手権は、なんとか開催にこぎつけました。

やはりこの大会に全てをかけている高校生にとって、この場所に立つことは大きな意味を持ちます。

 

そんな彼らの一生懸命な姿を目に焼き付けたいと思います。

 

年々レベルアップしている高校サッカーは、見ていても個人の能力の高さやチームの戦術等見どころ沢山で、今から楽しみですよね。

 

皆さんの出身校は出場しますか?

もし出場しなくても、好きなチームを見つけて応援して見て下さいね!

 

いつもありがとうございます。だんだん!

コメント

タイトルとURLをコピーしました