春高バレー2021女子日程と出場校一覧!注目選手や優勝候補も調査!

バレーボールファンの皆さん、こんにちは。

 

2021年も年の初めのお楽しみ、【春高バレー(全日本バレーボール高等学校選手権大会)】が開催されます。

 

2020年は新型コロナの影響でインターハイなどの大きな大会が無くなり、毎年恒例の春高バレーの開催も危ぶまれましたが、無観客で行われることで、なんとか実施にこぎつけた感じですね。

 

毎年春高バレーを楽しみにされている方は、今回の開催を知って、一安心なのではないでしょうか。

 

2020年の春高バレー(女子)では大分代表の東九州龍谷高校が8大会ぶり7度目の優勝を飾りました。

大分の名門校の復活を印象付ける優勝でしたよね。

 

毎回ドラマがある春高バレーは、やっぱり面白いですよね。

 

という事で今回は、春高バレー2021女子

  • 日程
  • 出場校一覧
  • 注目選手
  • 優勝候補と予想
  • まとめ

の順にお伝えしていきます。

2021年の春高バレー男子の日程や優勝候補・注目選手を知りたい方はこちらからどうぞ

春高バレー2021男子日程と出場校一覧!注目選手や優勝候補も調査!

日程

競技日程

1回戦

2021年1月5日(火)

 

2回戦

2021年1月6日(水)

 

3回戦

2021年1月7日(木)

 

準々決勝

2021年1月7日(木)

 

準決勝

2021年1月9日(土)

 

決勝

2021年1月10日(日)

 

今大会は、新型コロナ対策という事で、開会式は行われません

無観客と合わせて、例年とは違う大会になりますが、そんな事は関係無く、選手たちには、持てる力の全てを出し切って、頑張って欲しいですね。

 

 

 

出場校一覧

第73回大会出場校一覧

【北海道・東北】

都道府県 高校名 回数
北海道① 札幌山の手高校 3年連続13回目
北海道②
帯広南商業高校
10年ぶり5回目
青森県 青森西高校 4年連続17回目
岩手県 高田高校 7年ぶり22回目
宮城県 古川学園高校 16年連続41回目
秋田県 秋田北高校 3年連続5回目
山形県 米沢中央高校 2年ぶり10回目
福島県 郡山女子大附属高校 5年連続22回目

 

 

【関東】

都道府県 高校名 回数
茨城県 日立第二高校 32年ぶり2回目
栃木県 國學院栃木高校 34年連続35回目
群馬県 西邑楽高校 3年連続7回目
埼玉県 春日部共栄高校 6年ぶり15回目
千葉県 敬愛学園高校 2年連続10回目
東京都① 文京学院大女子高校 4年連続12回目
東京都② 共栄学園高校 2年連続25回目
東京都③
八王子実践高校
6年連続43回目
神奈川県① 川崎橘高校 3年連続26回目
神奈川県②
伊勢原高校
3年ぶり18回目
山梨県 帝京第三高校 14年ぶり2回目

 

【北信越】

都道府県 高校名 回数
新潟県 長岡商業高校 3年連続9回目
長野県 東京都市大塩尻高校 3年連続8回目
富山県 富山第一高校 8年連続13回目
石川県 金沢商業高校 19年連続46回目
福井県 北陸高校 7年ぶり8回目

 

【東海】

都道府県 高校名 回数
静岡県 富士見高校 8年連続13回目
愛知県 誠信高校 2年ぶり2回目
岐阜県 県立岐阜商業高校 4年ぶり7回目
三重県 津商業高校 4年ぶり17回目

 

【関西】

都道府県 高校名 回数
滋賀県 近江高校 3年ぶり13回目
京都府 北嵯峨高校 23年ぶり3回目
大阪府① 金蘭会高校 10年連続10回目
大阪府②
大阪国際滝井高校
2年連続22回目
兵庫県 氷上高校 2年連続36回目
奈良県 奈良文化高校 3年連続3回目
和歌山県 和歌山信愛高校 7年連続36回目

 

【中国】

都道府県 高校名 回数
鳥取県 岩美高校 2年ぶり3回目
島根県 安来高校 2年連続37回目
岡山県 就実高校 7年連続44回目
広島県 広島桜が丘高校 2年連続3回目
山口県 誠英高校 31年連続41回目

 

【四国】

都道府県 高校名 回数
香川県 坂出商業高校 初出場
徳島県 城南高校 2年連続12回目
愛媛県 松山東雲高校 5年連続7回目
高知県 高知高校 2年連続2回目

 

【九州】

都道府県 高校名 回数
福岡県 誠修高校 2年連続18回目
佐賀県 佐賀清和高校 2年ぶり13回目
長崎県 聖和女学院高校 3年ぶり5回目
熊本県 鎮西高校 2年ぶり4回目
大分県 東九州龍谷高校 21年連続36回目
宮崎県 都城商業高校 3年ぶり8回目
鹿児島県 鹿児島女子高校 2年連続36回目
沖縄県 西原高校 2年ぶり9回目

という顔ぶれになりました。

強豪校が順当に勝ち上がってきた印象ですね。

 

 

 

注目選手

それでは今大会の注目選手をご紹介していきます。

 

室岡 莉乃選手 (東九州龍谷高校 3年)

身長162㎝、最高到達点297㎝、アウトサイドヒッター。

 

やはりなんといっても身長162㎝で約3mの最高到達点まで届くというところが目を惹きますよね。

 

打点の高さもさる事ながら、これだけジャンプ力があると、空中にいる時間が長いので、相手ブロックの選手もタイミングが取りづらいのではないかと思われます。

 

そしてその空中にいる間に相手のブロックを見て、アタックの種類を変えることも可能になっていて、相手からすると、かなり嫌でしょうね。

 

 

飯山 エミリ選手 (東九州龍谷高校 1年)

身長184㎝、最高到達点295㎝、ミドルブロッカー。

 

前回の春高バレー優勝校の東九州龍谷高校に加入した大型ミドルブロッカーですが、当然中学時代から注目を集める選手でした。

 

まだまだ全てが伸び盛りの選手ですので、見る度に成長している姿が楽しみな選手です。

 

 

西崎 愛菜選手 (金蘭会高校 3年)

身長158㎝、リベロ。

 

U-18日本代表として世界選手権にも出場するなど、全国でもナンバー1リベロの呼び声高い選手です。

 

金蘭会高校を支える選手で、間違いなく注目すべき選手です。

 

 

吉武 美佳選手(金蘭会高校2年)

身長182㎝、最高到達点300㎝、アウトサイドヒッター。

ゆったりとしたフォームから打ち下ろすスパイクは、パワフルで、レシーブを弾く程、重そうな球質です。

 

 

バルデス・メリーサ選手(古川学園高校3年)

身長185㎝、最高到達点325㎝、アウトサイドヒッター。

 

やはり魅力はその恵まれた体格と身体能力を生かしたスパイクです。

中途半端なブロックだと簡単に弾き飛ばしてしまうくらいパワーがあるスパイクは、見ていて圧巻です。

 

 

タピア・アロンドラ (古川学園高校1年)

身長195㎝、最高到達点320㎝、ミドルブロッカー。

 

今年古川学園高校に留学してきた選手ですが、2020年は新型コロナが流行した影響で、インターハイが無かった為、その活躍は見れませんでしたが、春高バレーでは絶対見たい選手の一人です。

 

 

 

 

優勝候補と予想

今大会の優勝候補に加えて、優勝予想もしてみますが、その前に2020年の大会のシード校を見てみると、

  • 就実高校(岡山)
  • 金蘭会高校 (大阪)
  • 東九州龍谷高校 (大分)
  • 共栄学園高校 (東京)

 

というシード校の顔ぶれでしたが、前回大会で決勝に残ったのは、シードされていなかった古川学園高校と東九州龍谷高校でした。

 

そして結果は、東九州龍谷高校の優勝という結果になりました。

ただ、シード校の共栄学園高校と金蘭会高校も準決勝まで勝ち上がっていて、実力は間違いないと言えます。

 

それを踏まえて考えると、まずこの大会でシードされている高校は、

  • 東九州龍谷高校 (大分)
  • 古川学園高校 (宮城)
  • 金蘭会高校 (大阪)
  • 共栄学園高校 (東京)

になります。

ご覧の通り、前回大会とほぼ同じ顔ぶれです。

 

ちなみに過去3年の春高バレーでの成績を見てみると

優勝 準優勝 3位
2020年 東九州龍谷 古川学園 金蘭会
共栄学園
2019年 金蘭会 東九州龍谷 下北沢成徳
八王子実践
2018年 金蘭会 東九州龍谷 下北沢成徳 
誠英
2017年 下北沢成徳 就実 金蘭会
鹿児島女子
2016年 下北沢成徳 八王子実践 金蘭会
文京学院大女子

という感じで上位はほとんど決まっているイメージがあります。

 

 

優勝までの道のりで大事なトーナメント表を見ると、

各シード校の山でライバルになりそうな高校は、

第1シード 東九州龍谷高校 (大分)

  • 八王子実践高校 (東京③)

 

第2シード 古川学園高校 (宮城)

  • 鎮西高校 (熊本)

 

第3シード 金蘭会高校 (大阪①)

  • 就実高校 (岡山)
  • 文京学院大女子高校 (東京①)
  • 鹿児島女子高校 (鹿児島)
  • 川崎橘高校 (神奈川①)

 

第4シード 共栄学園高校 (東京)

  • 誠英高校 (山口)
  • 大阪国際滝井高校 (大阪②)

 

という感じの勢力図になりましたが、ここから考えると、金蘭会高校が厳しいブロックに入った印象があります。

ただ、やはり上位に上がってくるのは常連校になると思われます。

 

という事で、個人的に優勝予想をしてみると、

  1. 金蘭会高校 (大阪①)
  2. 東九州龍谷高校 (大分)
  3. 古川学園高校 (宮城)

 

といった順番になりました(大会の順位予想では無く、優勝すると思う順番です)。

 

昨年の準決勝で金蘭会高校は優勝した東九州龍谷高校に負けています。

となると3年連続で東九州龍谷高校に負けていることになり、今大会は一番負けたくない相手ではないかと思います。

 

皆さんの予想はどうですか?

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、『春高バレー2021女子日程と出場校一覧!注目選手や優勝候補も調査!』と題しまして、2021年の年初に行われる春高バレー女子の日程や出場校に加えて、注目選手や優勝候補もお伝えしました。

 

2020年に流行した新型コロナの影響で中々練習も満足に出来なかったと思いますが、高校生活は戻ってきませんので、選手たちには悔いのない戦いをして欲しいなと思います。

 

そしてまた、今回の春高バレーの中で、未来の日本代表を背負う選手が出てくることを願います。

 

いつもありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました