レスター2021夏の補強ポイントと最新移籍情報まとめ!噂の獲得候補・退団選手リストも調査!

2015-16シーズン、降格候補と言われながら歴史に残る奇跡の優勝を果たしたレスターシティ

優勝オッズはなんと5000倍だというからブックメーカーも相当払い出しに苦しんだであろう。

 

当時は日本代表の岡崎慎二も在籍していた事で、レスターは日本のファンも多いはずだ。

 

翌2016-17シーズンは12位、その後9位、9位、5位、2020-21の今シーズンは最終的に5位フィニッシュ。

 

プレミアリーグは、上位4チームにチャンピオンズリーグの出場件が与えられる為、レスターとしては何としてでも4位以内をキープしたいところであったが、2季続けて最終節で涙を飲む結果となってしまった。

 

来シーズンは2015-16シーズン以来の優勝を達成したいレスター

今シーズンの成績から見ても、夏の補強次第では7年振りの悲願達成は充分可能だろう。

 

今回はそんなレスターの2021年夏の

  • 補強ポイントと最新移籍情報
  • 噂の獲得候補
  • 退団選手リスト
  • まとめ

の順にお伝えしていきます。

最新移籍情報と補強ポイント

2021年夏の移籍情報はまだ入っていませんので、レスターの現戦力の分析と補強ポイントを炙り出したいと思います。

 

今シーズンのレスター

前述の通り、2020-21シーズンは、リーグ戦で5位だったレスター。

 

2019年より北アイルランド出身のブレンダン・ロジャーズが指揮を執っている。

2016年から2018年まで指揮をとったセルティックでは、リーグ戦を含む国内3冠を2年連続で達成している。

 

選手はGKのカスパー・シュマイケル(デンマーク代表・34歳)を筆頭に、DFウェスレイ・フォファナ(フランス・19歳)、ジェームス・ジャスティン(イングランド・23歳)の若手選手に加え、ベルギー代表歴のあるティモシー・カスターニュ(ベルギー代表・25歳)、さらにジョニー・エバンズ(北アイルランド代表・32歳)、クリスティアン・フクス(元オーストリア代表・34歳)といったベテラン勢が融合し守備を支えている。

 

中盤の底にはウィルフレッド・ディディ(ナイジェリア代表・24歳)、ユーリ・ティーレマンス(ベルギー代表・23歳)といった代表クラスがおり、ハーヴィー・バーンズ(イングランド・23歳)、ジェームズ・マディソン(イングランド代表・24歳)、マーク・オルブライトン(イングランド・31歳)が比較的攻撃的なポジションに位置している。

 

FWのジェイミー・ヴァーディ(イングランド代表・34歳)は30試合出場、13得点と得点力は健在、ケレチ・イヘアナチョ(ナイジェリア代表・24歳)も21試合出場、10得点と好調だ。

上述の2名の他にアヨゼ・ペレスジェンキズ・ウンデルとFW登録は合計4名しかいない為、補強ポイントはFWになるだろう。

 

チーム全体を見ると、スーパースターとまではいかないが、実力者は多い印象である。

 

 

 

噂の獲得候補

タミー・エイブラハム(イングランド代表・23歳)

チェルシー所属

 

クラブ歴

2016- チェルシー 36試合 15得点
2016-17 ブリストル・シティ(loan) 41試合 23得点
2017-18 スウォンジー(loan) 31試合 5得点
2018-19 アストン・ヴィラ(loan) 40試合 26得点

 

代表歴

2014-15 イングランドU-18 5試合 2得点
2015-16 イングランドU-19 14試合 5得点
2016- イングランドU-21 13試合 5得点
2017- イングランド 4試合 1得点

チェルシーの下部組織出身で191cmの長身FW。

 

今季開幕から安定したパフォーマンスを発揮しており、公式戦31試合、12得点と結果を残していたが、1月に監督がフランク・ランパードからトーマス・トゥヘルに代わってから、出場機会が激減。

今夏での移籍が噂されている。

 

本職はセンターフォワードだが、ウイングでもプレーが可能。

191cmと長身だが、スピードがあり、相手DFの裏に抜けるプレーが非常に得意である。

ジェイミー・ヴァーディ、ケレチ・イヘアナチョに加え、タミー・エイブラハムを獲得する事が出来れば、FWの層はかなり盤石と言えるだろう。

 

 

オドソンヌ・エドゥアール(フランス・23歳)

セルティック所属

 

クラブ歴

2016-18 パリサンジェルマン 0試合 0得点
2016-17 トゥールーズ(loan) 16試合 1得点
2017- セルティック 54試合 24得点

 

代表歴

2014-15 フランスU-17 12試合 15得点
2015-16 フランスU-18 9試合 4得点
2016-17 フランスU-19 13試合 5得点

 

パリサンジェルマンの下部組織出身のFW。

 

フル代表の経験こそ無いが、世代別代表では実績を残しており、今季スコットランドプレミアリーグで29試合、17得点を上げている。

 

何でも出来る万能ストライカーで、スピード、フィジカル、テクニック全てが高いレベルにある。

 

リヴァプールやアーセナルも獲得を狙っているようだが、監督のブレンダン・ロジャーズとはセルティック時代に子弟関係にあった為、獲得レースはレスターが若干有利ではないだろうか。

 

余談だが、2017年フランスリーグ、トゥールーズ在籍時にエアガンで通行人の頭を打ったとして、出場停止処分を科せられた事があり、禁固4カ月、罰金6,000ユーロに処されそうだ。

 

 

 

退団選手リスト

ジョニー・エバンズ(北アイルランド代表・32歳)

2018年から在籍しており、今シーズンも守備の要として活躍しているジョニー・エバンズ

 

ユース時代から2015年まで在籍したマンチェスター・ユナイテッドが獲得候補として上げているようだ。

今冬の移籍市場でも噂になったが実現せず。

 

マンチェスター・ユナイテッドのオーレグンナー・スールシャール監督がエバンズをかなり高く評価している為、夏の移籍市場でも再度狙われるのではないだろうか。

 

2021年夏の移籍決定情報

加入選手

DF

  • ライアン・ドミニク・バートランド (←フリー)
  • ヤニク・ヴェスターゴーア (←サウサンプトン)
  • フィリプ・ベンコヴィッチ (←ルーヴェン)

 

MF

  • ブバカリ・スマレ (←リール)
  • キアナン・デューズバリー=ホール (←ルートン)

 

FW

  • パトソン・ダカ (←ザルツブルグ)
  • アデモラ・ルックマン (←ライプツィヒ)ローン移籍

 

 

退団選手

DF

  • クリスティアン・フクス (→未定)
  • ウェズ・モーガン (→引退)

 

MF

  • ジェンギズ・ウンデル (→ローマ)
  • デニス・プラート (→トリノ)

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、『レスター2021夏の補強ポイントと最新移籍情報まとめ!噂の獲得候補・退団選手リストも調査!』と題してお伝えしてきました。

 

今の所噂に上がっているのは前線の選手のみであるが、エバンズが移籍してしまった場合にはDFの補強は急務だろう。

 

充実の補強を達成し、2015-16以来のリーグ優勝を遂げたいレスター

来シーズンは奇跡の優勝とまでは評価されないかもしれないが、充分サプライズとなるだろう。

 

他に気になるチームはありますか?

プレミアリーグ(イングランド)

 

ブンデスリーガ(ドイツ)

 

リーガエスパニョーラ(スペイン)

 

セリエA(イタリア)

 

リーグアン(フランス)

 

いつもありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました