マンチェスターユナイテッド2021夏の補強ポイントと最新移籍情報まとめ!狙ってると噂の獲得候補選手・退団リストも調査!

マンチェスターユナイテッドファンの皆さん、こんにちは。

 

2020-21シーズンは、プレミアリーグ優勝には届かず、ヨーロッパリーグ制覇もあと一歩でしたが、かつての輝きを取り戻しつつあるオーレ・グンナー・スールシャール体制3年目のマンチェスター・ユナイテッド。

 

2021-22シーズンで優勝を狙う為にも、この夏の戦力補強は重要です。

きっとマンUファンの皆さんも、気になるところではないでしょうか。

 

と言うことで今回は、2021年夏のマンチェスターユナイテッド

  • 最新移籍情報と補強ポイント
  • 狙ってると噂の獲得候補選手
  • 退団が噂される選手
  • まとめ

の順にお伝えしていきます。

最新移籍情報と補強ポイント

マンチェスター・ユナイテッドの現在

まず初めに、今季好調を維持しているチームの状況を再確認しておきましょう。

 

結果的には、プレミアリーグ2位、ヨーロッパリーグも準優勝に終わりましたが、2021年に入り、4月までの戦績は18試合10勝7分1敗と結果を残しました。

また、2月3日に行われたサウサンプトン戦では、9-0と、歴史的な大勝を納めています。

 

一方で、失点は12失点と、改善が必要なポイントとして挙げられます。

 

チームのストロングポイント

現在のマンチェスターユナイテッドのストロングポイントとしては

  • ラッシュフォード、グリーンウッド、を両翼においた、ダイナミックな攻撃
  • 司令塔、B・フェルナンデスの多彩なゲームメイク

が挙げられます。

 

ロングパス1本で、得点につながるスピードを両サイドハーフは備えており、ラッシュフォードはスピードに乗ったドリブルが武器で、チームに欠かせない存在に成長。

 

グリーンウッドはまだ若いですが、驚異的なシュート力と両足で遜色なく強烈なシュートを放てる器用さもあり、ノった時の彼らを止めるのは、非常に困難なものです。

 

更に同じく2列目でチームの鍵を握るのがB・フェルナンデス、彼なしでのここまでの順位はあり得なかったと思います。

 

アシストはもちろんのこと、崩しても点が取れ、更にはセットプレーでも力を示せる選手です。

替えの効かない絶対的な選手だということは、成績を見れば明らかです。

 

また、ポール・ポグバの「左サイド起用」も成果が現れました。

 

本来、センターハーフを主戦場とするポグバですが、スールシャール監督が起用に踏み切り、本来のポジションより一列前でのポジション、サイドよりやや中心でのプレーが、同サイドバックのルーク・ショーのスペースを生み、持ち味を更に引き出せているように見えます。

 

まさに偽サイドハーフとして機能していると言えるでしょう。

 

ウィークポイント

マンチェスター・ユナイテッドの弱みは主に2つ挙げられます。

  • 前半戦で下位チームでの試合で勝ちきれなかった
  • ワールドクラスのCB不在

2020-21シーズンをご覧になっていかがでしょうか。

 

いわゆる、ビッグ6と名の挙がるクラブ(リバプール、シティ、アーセナル、トッテナム、チェルシー)との対戦成績がシーズン前半で勝ちきれない試合を続けてしまった事が、後々響いてしまいました。

 

さらにチームは、失点が多いというより、先制される試合が多いため、下位チームと対戦しても先制点を奪われると引いて守る相手を崩しきれずに、勝ち点を落としてしまうなど、非常にもったいない部分も目立ちました。

 

また、点は取れますが、その分取られてしまう事で、勝ち点を取りこぼしている印象もついてしまっているので、早急な改善策が必要となってきます。

 

もちろん、失点する原因はたくさんありますが、自陣での奪われ方、ハイボールやルーズボールの処理でミスが起きてしまうので、DFラインを安定させていかない限り、タイトル奪還は難しいでしょう。

 

 

補強ポイントと新加入予想

今回、マンチェスター・ユナイテッドはどのような補強をし、翌シーズンに繋げていくのでしょうか。

ここでご紹介するのは、現戦力と照らし合わせ、どのような選手がチームにフィットできるのかを分析していきます。

 

①RSB マックス・アーロンズ(イングランド/ノリッジ・シティ)

マンチェスター・ユナイテッドとの接触が何度も報じられており積極的な攻撃参加と、高精度のクロスを持ち味としています。

 

現在のユナイテッドの右サイドバックに不足している、攻撃面において良い働きをしてくれるはずです。

 

 

②DMF デクラン・ライス(イングランド/ウェスト・ハム)

現在、ダブルボランチを多く採用する戦術において、オプションとしてアンカーでプレーできるのがこの選手。

 

対人の強さ、攻撃へ繋げるシンプルなプレーを得意とし、既にトップクラスの実力を持っています。

 

加われば、スールシャール監督の選択肢も増え、ライス主体のチームを形成する事も考えられます。

 

 

③RWG アダマ・トラオレ(スペイン/ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ)

続いてご紹介するのは、フィジカルモンスターのアダマ・トラオレ

 

一人でも局面を打開する能力、正確なクロスと、点も取れる万能型ウイングです。

 

同ポジションには、グリーンウッドが控えておりますが、本来のポジションではなく、センターフォワードでの起用も増えているため、ファーストチョイスとして据えて欲しいところです。

 

 

④CB マルキーニョス(ブラジル/PSG)

数年前から同クラブが獲得に興味を示しながら、獲得に至らなかったマルキーニョス

現在26歳と、かなり油も乗り、欧州主要大会での経験も十分に積んでいます。

 

所属しているPSGでは主将を務めるなど、メンタリティ、実力共にワールドクラスです。

是非、マグワイアとコンビを組み、迫力あるDFラインを見てみたいです。

 

ご紹介した4名が加われば間違いなく、更にワクワクするようなサッカーがユナイテッドで観れる日が来るかもしれません。

 

 

 

今夏の獲得候補

それでは、ここから獲得が噂されている選手について触れていきたいと思います。

①RM ジェイドン・サンチョ(イングランド/ドルトムント)

マーケットが開くたびに、動向が注目される同選手。

 

数々のビッグクラブが獲得に動く中、マンチェスター・ユナイテッドが獲得へ1歩リードと報じられています。

ドルトムント側も、コロナ禍で財政状況が厳しくなっている為、移籍金を大幅にダウンさせる可能性があり

 

獲得はより現実味の帯びたものになりそうです。

 

 

②ST アンドレ・シウバ(ポルトガル/フランクフルト)

今シーズン、カバーニを獲得したことで不安視されていたストライカー不在問題も解決かと思われていましたが、物足りない部分も多く、年齢を考えると、FW陣を充実させる必要があります。

 

ACミラン、セビージャでは思うような成績を残せなかったシウバですが、昨シーズンから加入した、フランクフルトで覚醒し、再びビッグクラブでの挑戦を期待したいところです。

 

 

③CB ラファエル・ヴァラン(フランス/レアル・マドリー)

レアル・マドリーで今シーズンほとんどの試合に出場しているヴァラン

2022年で契約満了を迎えますが、今夏での移籍の可能性が高いと報じられています。

 

チームもエムバペ獲得に乗り出す為の資金調達として、売却の意思があり、同選手が加われば、非常に良い補強となるはずです。

 

 

 

退団が噂される選手

最後に、今夏クラブを退団する可能性がある選手をみていきましょう

MF ジェシー・リンガード(イングランド)

昨冬、出場機会を求め、ウェスト・ハムへとレンタル移籍したリンガード

移籍後、8試合で6ゴール、4アシストを記録し、見事な復調を見せました。

 

シーズン終了後にはユナイテッドに復帰する予定となっていますが、同選手のパフォーマンスを高く評価するウェスト・ハムは完全移籍での獲得を狙っています

 

 

MF フアン・マタ(スペイン)

今夏、マンチェスターユナイテッドとの契約が満了する同選手。

クラブは、契約を1年延長するオプションを持っていますが、インテル、ローマ等、複数クラブが興味を示す中、現在出番の少ない状況で退団は濃厚でしょう。

 

 

GK ダビド・デヘア(スペイン)

クラブの贅沢な悩みであり、世界で見ても稀な代表選手同士のポジション争いで

第2GKとしてベンチを温めてきましたが、D・ヘンダーソンに軍配が上がりそうな現在。

 

デヘアは家庭状況により、一時スペインへと帰国するなど様々な問題が取り巻いており今回、退団の噂が上がりました。

リーグ終盤でD・ヘンダーソンのパフォーマンス次第では、決着が着くであろうと思われます。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は、『マンチェスターユナイテッド2021夏の補強ポイントと最新移籍情報まとめ!狙ってると噂の獲得候補選手・退団リストも調査!』と題しまして、お伝えさせて頂きました。

 

かつての輝きを取り戻しつつあるマンチェスターユナイテッドにとって、2021-22シーズンは、とても重要なシーズンになりそうです。

その為にも、今夏の移籍動向も特に重要になりますので、ファンにとっても見逃せませんね!

 

ファンの皆さんも引き続き、マンチェスター・ユナイテッドのこれからを見ていきましょう。

 

他に気になるチームはありますか?

プレミアリーグ(イングランド)

 

ブンデスリーガ(ドイツ)

 

リーガエスパニョーラ(スペイン)

 

セリエA(イタリア)

 

リーグアン(フランス)

 

いつもありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました