パリサンジェルマン2020冬の最新情報と補強ポイントまとめ!噂の移籍候補と補強リスト一覧!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ロシアW杯、フランス優勝の立役者にもなった若き点取り屋エムバペ

 

FCバルセロナで、バロンドール候補として期待されながらもフランスへ電撃移籍したネイマール

 

サッカーにそこまで詳しくない方も、一度は耳にしたことある名前ですよね。

この2人が所属するのがフランスリーグのリーグ・アン所属のパリサンジェルマンFCです。

 

前線に、フランス代表エムバペ、ブラジル代表ネイマール、ウルグアイ代表カバー二を揃え、フランスリーグでは向かうところ敵なしの圧倒的強さを誇っています。

その名の通り、フランスの首都パリに本拠地を置き、オーナーはカタール政府系投資ファンドで豊富な資金力も有しています。

 

という事で今回は、

  • パリサンジェルマン2020年冬の最新情報と補強ポイントまとめ!
  • 噂の退団・獲得候補と移籍金リスト一覧!
  • まとめ

をお伝えしていきます!

パリサンジェルマン2020年夏の移籍情報を確認したい方はこちら

パリ・サンジェルマン2020最新移籍情報まとめ!噂の獲得候補や退団選手の補強リストも調査!

 

パリサンジェルマン2020年冬の最新情報と補強ポイントまとめ!

 

2017年にパリサンジェルマンFCは、290億円という驚愕の移籍金でネイマールと、ゴールデンボーイ賞を受賞したエムバペを獲得しました。

その年2017‐18シーズンではフランス国内全タイトル制覇の4冠を達成しました。

しかし翌2018‐19シーズンは国内2冠にとどまり、いずれのシーズンも欧州チャンピオンズリーグではベスト16までとなりました。

 

世界に衝撃を与えた2017‐18シーズンから少し手詰まり感が出てきていますよね。

 

そこで2020冬移籍のポイントは ただ一つ 攻撃陣の補強・活性化 です。

攻撃陣の活性化について、①アタッカー ②フォワードの2点からみていきましょう。

 

①アタッカー

ネイマールエムバペを揃えていますが、常に退団の噂があります。

ネイマールは、古巣バルセロナFCへの復帰を熱望しているともいわれています。

 

一方のエムバペは、レアルマドリードやマンチェスターシティなど他の欧州の名門クラブでのプレイを希望しているとの噂が絶えません。いずれにせよ、まだ20代の二人ですので、このままパリサンジェルマンFCだけで引退するとは考えにくいですね。

 

また2人を獲得し、4冠達成後の翌2018‐19シーズンは、少し失速気味とも考えられるので、退団の噂とも合わせてアタッカーを補強しておくのは急務といえるでしょう。

 

②フォワード

2020年夏にFWのウルグアイ代表カバー二が契約満了を迎えます。

 

2019年夏に、インテルよりイカルディを獲得しましたが、チームの攻撃の主軸として活躍した32歳のカバー二の代わりとしてはまだ心もとないです。

 

というのも自叙伝出版の際のトラブルから、インテルやサポーターとの関係を悪化させキャプテンを剥奪されたこともあるイカルディとウルグアイ代表のキャプテンを務め、クラブではネイマールやエムバペを献身的にアシストしていたカバー二と比較するとプレー以外の面でも、フォワードはもう一つ看板が必要ですね。

 

 

 

噂の退団・獲得候補と移籍金リスト一覧!

 

退団の噂

【ネイマール】

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

バルサ復帰を希望しているようですが、ネイマールももう27歳です。

世界のスパースター候補として注目されましたが、もう一皮むけるために今後の動向に注目ですね。

 

 

【エムバペ】

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

2017年に世界の最も有望な若手に贈られるゴールデンボーイ賞を受賞したエムバペです。

ジダンをリスペクトしている20歳の彼が、このままパリサンジェルマンFCだけでキャリアを終了するとは考えにくいです。

 

獲得の噂

【サラー】移籍金  1億5000万ユーロ(約181億円)

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

今年欧州チャンピオンの立役者となったリヴァプールのサラーです。

リヴァプール監督のクロップとも不和が噂されています。もし獲得成功なら超大型移籍ですね。

 

 

【ララーナ】移籍金 1300万ポンド(約18億円)

https://platform.twitter.com/widgets.js
2020年夏までリヴァプールとの契約が残っていますが、同選手の負傷癖から移籍金が高すぎるとの声があるそうです。

 

 

【オーバメヤン】移籍金 6000万ポンド(当時レートで約93億円)

https://platform.twitter.com/widgets.js
188cmの大型FWです。昔ドルトムントで香川真司選手とともにプレイしていました。

カバー二の後釜としてふさわしいといえるでしょう。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、パリサンジェルマン2020年冬の最新情報と補強ポイントに加え、噂の退団・獲得候補と移籍金リスト一覧をお伝えしました。

 

もし、ネイマールエムバペの2枚看板の退団、サラーの獲得があれば再び世界に衝撃を与えますね!

2017年の電撃的移籍から、少し停滞気味の2018‐19シーズンです。

今冬の移籍で、チームの活性化を図り今度こそ欧州チャンピオンの座をねらってくるのではないでしょうか。

パリサンジェルマン2020年夏の移籍情報を確認したい方はこちら

パリ・サンジェルマン2020最新移籍情報まとめ!噂の獲得候補や退団選手の補強リストも調査!

 

いつもありがとうございます。だんだん!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*