チェルシー2019-20開幕戦スタメン・フォーメーション予想!若手有望株も調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

クラブのレジェンド、フランク・ランパードが監督としてチェルシーに復帰!!

 

https://platform.twitter.com/widgets.js チェルシー

いずれは、と思ってましたが、まさかこんなに早くチェルシーに復帰するとは思いませんでしたので、少々驚きましたね!

ジョンテリーや、ドログバと共にチェルシーの黄金時代を築き、クラブの歴代最多得点者でもある正真正銘のレジェンドです。

https://platform.twitter.com/widgets.js

とにかく、FW以上に点を獲る。BoX to BOXのイングランド型MFを体現した選手でしたね。
スコールズ、ジェラードにランパード、こういう選手って最近減った気がしますね。

 

昨シーズンのプレミアリーグを3位で終え、ヨーロッパリーグでも見事に優勝を飾ったチェルシーですが、プレミアリーグはリバプールとマンチェスターシティの優勝争いには絡めず、シーズン終了後には、大黒柱でありエースとして君臨した、エデン・アザールもレアルマドリードへと去りました。

 

就任2年目の飛躍も期待されたイタリア人監督、サッリもユベントスとへあっさり去りましたので、チェルシーには全体としてマイナスのイメージが漂う中でレジェンドの復帰です。

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

しかし、ランパード新監督には就任1年目から非常に大きな課題を抱えてチームを率いることになります。

そう、今後2度の移籍市場における補強禁止処分です。この処分が撤回されない限り、今夏のチェルシーは移籍市場において新メンバーを獲得することが出来ないのです。

幸いにも処分決定前に獲得を決めていたプリシッチと、昨シーズンもレンタル加入中であったコバチッチの獲得は認められていますが、この補強禁止処分の行方は今後数年に渡ってチェルシーにのしかかる重い課題といえますね。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

そんなチェルシーについて、今回はこんな内容をまとめてみました。

  • 2019-20開幕戦スタメン・フォーメーション予想!
  • 若手有望株も調査!
  • まとめ

という順番でお伝えします。

プレミアリーグ無料視聴方法まとめ!見逃し配信も調査!

 

2019-20開幕戦スタメン・フォーメーション予想!

前述の通り、前途多難なチェルシーですが、裏を返せば、チームを熟成出来、若手の出場チャンスも増えるとも言えますよね。

昨シーズン補強ゼロでチャンピオンズリーグ決勝まで進んだトッテナムの例もありますので、決してマイナス要素ばかりでは無いはずです。

 

では来シーズンの開幕戦スタメン予想です。

開幕戦は8月9日(もう1ヵ月を切ってます!)。相手はプレミアの強豪、マンチェスターユナイテッドです。

アウェーでの開幕、しかも文句なしの強豪が相手ですから、恐らく昨シーズンの主力を中心としたメンバーになろうかと思います。

〈チェルシーの開幕戦 予想スタメン〉

4-3-3

GK:ケパ

DF:アスピリクエタ リュディガー ダヴィルイス ジェイダシルバ

MF:コバチッチ カンテ ジョルジーニョ

FW:ウィリアン プリシッチ ジルー

 

こうして見ますと、タレント的にやはりアザールの後釜と長年の課題でもあるエースストライカーが物足りない印象ですね。

何とか禁止処分の猶予期間を勝ち取り、アザールの後継にコウチーニョやハメス・ロドリゲスあたりを、ストライカーもカバーニやベンゼマ クラスを獲得して欲しくなっちゃいます・・・

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

 

 

若手有望株の調査

続いては、今シーズンのピンチをチャンスに変えるべき若手有望株です。

かつてより世界中の有望株を獲得してはレンタルでの武者修行という、青田買い戦略を続けてきたチェルシーですが、補強禁止の今シーズンこそは彼らの才能を自チームで開花させて欲しいですよね。

 

 

タミー・アブラハム(FW)

アストンビラでブレイクした大型ストライカーです。ファンからの復帰要望も強いようですね。新エースとなりうる逸材です。開幕戦でスタメンを飾ってもおかしくないですね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

 

ジェイ・ダシルバ(DF)

アシュリーコールの再来と呼ばれる左サイドバックの逸材です。2018年のに所属したチャールトン・アスレティックの指揮官曰く、20歳時点のアシュリー・コールを超えているというコメントもありました。

 

 

メイソン・マウント(MF)

昨シーズンはランパード監督率いるダービーカウンティで攻撃的MFとして活躍。ロスタスチークが大怪我を負っていることもあり、ブレイクするチャンスは十分ありますね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

 

ハドソン・オドイ(FW)

こちらは既にイングランド代表にも抜擢される等、既にその才能を開花しつつある若手のウイングです。アザールからも未来のチェルシーを背負う逸材とお墨付きありです。

早く怪我を治し、その活躍をリーグ戦でも見てみたいですね。

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、ランパード新監督率いるチェルシーについて、開幕スタメンと若手逸材についてまとめてきました。

 

今シーズンのチェルシーを率いるのはレジェンド・ランパード。補強禁止処分は非常に痛いところですが、若手の逸材を開花させるチャンスでもあります。

そのカリスマ性でこの苦境を乗り越え、チェルシーの新たな歴史を築けるのか。注目したいところです。

 

まずは、新生チェルシーを日本で観ましょう!7/19(金)の川崎フロンターレ戦から目が離せません!

プレミアリーグ無料視聴方法まとめ!見逃し配信も調査!

いつもありがとうございます。だんだん!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*