川崎菜々紗(かわさきななさ)のプロフィール・画像まとめ!父母のウエイトリフティングの強さも調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

皆さんは、川崎菜々紗(かわさきななさ)さんをご存知でしょうか?

 

2018年3月に行われた、「全日本ジュニアウエイトリフティング選手権大会」に史上最年少の小学生で出場し、見事7位入賞を果たして一躍脚光を浴び、2019年の「全日本ジュニアウエイトリフティング選手権大会」では中学校1年生で優勝した選手です。

本来は、年齢制限で出れない全日本ジュニアウエイトリフティング選手権に、参加標準記録をクリアして出場した事はもちろん、その可愛らしいルックスでも注目を浴びました。

 

あのルックスで、なぜウエイトリフティングを選んだのか知りたくなり、調べてみました!

 

ちゅーことで、今回は、

  • 川崎菜々紗(かわさきななさ)さんのプロフィール・画像まとめ!
  • 川崎菜々紗(かわさきななさ)さんの父母や兄妹のウエイトリフティングの強さも調査!
  • まとめ

をお伝えしていくけんね!

 

 

川崎菜々紗(かわさきななさ)さんのプロフィール・画像まとめ!

川崎菜々紗さんのプロフィール

小学校 京都府宮津市立栗田小学校
中学校 京都府宮津市立栗田中学校
所属 海洋高校ウエイトリフティング部
体重 44㎏(小学校6年生時)
自己ベスト スナッチ64㎏ クリーン&ジャーク81㎏

 

川崎菜々紗さんの画像

【トレーニング中】

 

【めざましテレビ出演時】

 

【市役所表敬訪問時】

 

【報道ランナー出演時】


 

 

 

川崎菜々紗(かわさきななさ)さんの父母や兄妹のウエイトリフティングの強さも調査!

基本的にアスリートは、両親もアスリートのケースが多いので、調べてみました。

するとやはり、両親とも元ウエイトリフティング選手だった事が判明。

特に母親のさと美さんは日本でもトップクラスの選手でした。

 

川崎さと美(旧姓斎藤)さんの実績

開催年 大会名 階級 記録
1989年 世界選手権 44㎏級 4位
1990年 世界選手権 44㎏級 銀メダル
1990年 アジア大会 44㎏級 銀メダル
1991年 世界選手権 44㎏級 4位
1993年 世界選手権 46㎏級 銅メダル

 

そして、今は京都府立海洋高校ウエイトリフティング部顧問で、なおかつ、最優秀監督賞も受賞しているので、選手としてだけではなく、監督としても能力は高いです。

という事で、菜々紗さんの遺伝子間違いないです。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、川崎菜々紗(かわさきななさ)さんのプロフィール・画像に加えて、父母のウエイトリフティングの強さもお伝えしました。

 

小学生時代から目立った成績を残せる選手は、やっぱりご両親も目立った成績を残しているものだなと、改めて分かりました。

そして川崎菜々紗選手の場合は、その才能に加えて、ビジュアルも人を惹き付けるものがあり、既にスター性を感じさせます。

 

恐らく早い段階から、世界選手権やオリンピックで目にする機会があると思いますので、今から楽しみですし、皆さんも是非覚えておいて下さいね!

 

いつもありがとうございます。だんだん!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*