東京オリンピック2020卓球女子の日程まとめ!メダル候補の注目選手も調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。

本日取り上げるのは、東京オリンピック 女子卓球です。

 

スピード感溢れる展開や手に汗握る攻防、ラリーを制した時の選手たちの叫び声など、その熱さから卓球の魅力に心を奪われた方もきっと少なくないでしょう。

 

ということで、今回の記事では、

  • 女子卓球の日程は?
  • メダル候補の注目選手まとめ!!
  • まとめ

をご紹介していきたいと思います。

東京オリンピック女子卓球のテレビ放送を確認したい方はこちら

東京オリンピック2020卓球女子のテレビ放送予定まとめ!見逃し配信や無料動画も調査!

東京オリンピック卓球女子の組み合わせや結果を確認したい方はこちら

東京オリンピック2020卓球女子組み合わせと結果速報!日本代表の成績もまとめ!

女子卓球の日程は?

まず初めに、東京オリンピックでの女子卓球の試合日程についてみていきましょう。

男女含めた「卓球」種目の全日程は「7月25日~8月7日」となっています。

このうち女子卓球のスケジュールは8月6日までとなっており、下記の日程で試合の開催が予定されているようです。

 

7月25日(土)

9:00-〜2:45: シングルス1回戦

14:15-〜7:15: シングルス1回戦

19:30〜22:30: シングルス1回戦

 

 

7月26日(日)

14:00〜17:45: シングルス2回戦

 

 

7月27日(月)

10:00〜13:00: シングルス2回戦

14:30〜17:30: シングルス3回戦

 

 

7月28日(火)

10:00〜13:00: シングルス3回戦

14:30〜17:30: シングルス3回戦

14:30〜17:30: シングルス4回戦

19:00〜22:00: シングルス4回戦

 

 

7月29日(水)

10:00〜13:00: シングルス準々決勝

15:00〜18:00: シングルス準々決勝

 

 

7月30日(木)

11:00〜13:00: シングルス準決勝

20:00〜22:10: シングルス3位決定戦

20:00〜22:10: シングルス決勝

 

 

8月2日(日)

10:00〜13:00: 団体1回戦

14:30〜17:30: 団体1回戦

19:30〜22:30: 団体1回戦

 

 

8月3日(月)

10:00〜13:00: 団体1回戦

14:30〜17:30: 団体準々決勝

19:30〜22:30: 団体準々決勝

 

 

8月4日(火)

10:00〜13:00: 団体準々決勝

14:30〜17:30: 団体準々決勝

19:00〜22:00: 団体準決勝

 

 

8月5日(水)

10:00〜13:00: 団体準決勝

 

 

8月6日(木)

11:00〜14:00: 団体3位決定戦

19:30〜22:40: 団体決勝戦

ご覧いただくと分かりますが、特にシングルスや団体問わず、1回戦、2回戦は時間ごとに細かく日程が区切られています。
観たいカードがある場合には、事前に試合時間をチェックしておくと勘違いなどが起きづらいかもしれませんね。

 

 

 

メダル候補の注目選手まとめ!!

それではここから、今大会でメダル候補と目されている選手たちを団体、シングルス、混合でそれぞれご紹介していきたいと思います。

 

団体編

まずは女子卓球の団体戦をみていきましょう。

オリンピックでの団体戦はABCXYZ方式と呼ばれる方式で行われます。

ABC側とXYZ側のそれぞれでシングルスとダブルスの試合が行われ、勝敗を競うというルールです。

それでは以下より、団体戦の注目国を3つご紹介していきます。

 

①日本

言わずもがな、注目の1カ国目は我らが日本です。

陣容としても、3位につける伊藤美誠を筆頭に、世界ランキング10位以内に入っている選手が3名と、

悲願のメダル獲得に向けて盤石の体制といって差し支えないメンバーが揃っています。

 

また、年齢的にも若く、将来が嘱望される選手たちばかりですので、若手らしいエネルギッシュな戦いを期待したいところではありますね。

 

 

②中国

「卓球」という種目を語る上で、外すことが出来ないのは、やはり中国でしょう。

3月時点での世界ランキングでは上位10名のうち6名が中国プレイヤーと、圧倒的なまでの強さを見せていますね。

団体戦では2012年のロンドン、2016年のリオデジャネイロとどちらも金メダルで終えている中国ですから、

今大会も3連覇を目指して臨んでくることは間違いなさそうです。

 

 

③チャイニーズタイペイ

日本、中国ときて、次に触れるべきはやはりチャイニーズタイペイです。

不動のエース鄭怡静を擁するチャイニーズタイペイは、2019年の卓球ワールドカップの団体戦でも3位に輝きました。

日本を活躍の場としている選手を複数抱え、チームの平均年齢も20代後半と、脂の乗った時期に迎える東京オリンピック。

中国、日本を破ってメダル獲得をする可能性も十分に秘めている、ポテンシャル抜群のチームといえるでしょう。

 

 

シングルス編

それでは、ここからはシングルスでの注目選手を5名紹介したいと思います。

 

伊藤美誠(2000年10月21日生まれ)

https://platform.twitter.com/widgets.js

1人目は日本のエース、伊藤美誠です。

2014年にITTFワールドツアーとワールドツアーグランドファイナルで最年少優勝を果たすと、続く2015年にはシングルスでワールドツアーの最年少優勝を飾るなど、10代の前半から際立った活躍を見せてきた選手です。

 

2016年のリオデジャネイロオリンピックでの団体戦でも銅メダルを獲得し、オリンピックの卓球史上最年少でメダリストになったことでも話題を呼びましたね。

年齢は19歳とまだまだ若くはありますが、既に経験も実績も十分。最新の世界ランキングでも3位につけていることから、

東京オリンピックでの活躍に大きな期待がかかります。

 

 

石川佳純(1993年2月23日生まれ)

https://platform.twitter.com/widgets.js

お次に紹介するのは石川佳純です。

幼い頃から「愛ちゃん2世」として話題を呼んできた彼女ですが、今ではすっかり日本女子卓球界を代表する選手の一人になりました。

 

ロンドン、リオデジャネイロと、2大会のオリンピックを経験し、現在の世界ランキングでも9位につけるなど、経験・実績共に申し分ありません。

年齢的にも27歳と、脂が乗ってくる時期に迎える東京オリンピックでは、日本代表を牽引する活躍が期待されます。

 

 

陳夢(1994年1月15日生まれ)

https://platform.twitter.com/widgets.js

中国代表の注目選手としては、陳夢が挙げられるでしょう。

先日行われたカタール女子オープンのシングルス決勝で伊藤美誠を破ったことが記憶に新しい方も多いのではないでしょうか。

最新の世界ランキングでも1位の座に躍り出るなど、好調を維持したままオリンピックを迎えることが予想されます。

日本代表がメダル獲得を目指すうえで、彼女が強力な壁として立ちはだかることは間違いないでしょう。

 


丁寧(1990年6月20日生まれ)

https://platform.twitter.com/widgets.js

次に紹介するのも中国代表の丁寧です。

中国の女子卓球といえばこの人、というイメージを持っている方も多いはず。

実績は言わずもがなで、オリンピック、ワールドカップ、世界選手権の全てでシングルスの優勝する「大満貫」を達成しており、

 

中国の卓球はもちろん、世界の卓球史上でも指折りの選手と言えます。

リオデジャネイロオリンピックでもシングルス、団体で金メダルに輝いていますから、今大会でも連覇を目指して戦ってくることは間違いありません。

 

 

鄭怡静(1992年2月15日生まれ)

https://platform.twitter.com/widgets.js
最後にご紹介するのはチャイニーズタイペイの絶対的エース、鄭怡静です。

日本のトップおとめピンポンズ名古屋で活躍していることから、日本でも知名度の高い選手ですね。

 

実力はもちろん折り紙付きで、現在の世界ランキングでは8位と、チャイニーズタイペイの選手としては唯一のトップ10にランクインしています。

伊藤美誠や石川佳純とは過去に何度も対戦し、凌ぎを削ってきたということもあり、東京オリンピックでも良い試合が期待できるのではないでしょうか。

 

 

混合ダブルス編

最後は混合ダブルスの注目ペアをいくつかご紹介していきましょう。

 

水谷隼&伊藤美誠ペア

https://platform.twitter.com/widgets.js

まず初めにご紹介するのは水谷隼と伊藤美誠のペアです。

2人とも日本を代表するエースということもあり、この2人のペアには混合ダブルスでの上位進出にも期待がかかっているのではないでしょうか。

また、最新の世界ランキングでも混合ダブルス部門4位ですから、現実的にみても、メダル獲得が十分射程圏内といっていいでしょう。

 

 

林昀儒&鄭怡静ペア

https://platform.twitter.com/widgets.js

最後は先ほどご紹介した鄭怡静と、「神童」とも呼ばれるチャイニーズタイペイのルーキー、林昀儒のペアです。

彼は18歳という年齢ながら男子の世界ランキングでは6位にランクインし、世界のトッププレイヤーたちとも互角に渡り合うなど、

 

大器の予感を感じさせる逸材です。

鄭怡静との混合ペアでは世界ランキング3位につけるなど、不動の強さを誇る中国勢の打倒も十分計算できる強力な2人組だと言えるでしょう。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今回は、東京オリンピック2020卓球女子の日程とメダル候補の注目選手もお伝えしました。

 

2大会連続でメダルは獲得していますが、この東京オリンピックで欲しいのは『金メダル』だけではないでしょうか。

中国勢の強さが光ることこそ多いものの、東京オリンピックでは日本代表の躍進にも期待したいところです。

悲願の金メダル獲得に向けて、私も応援させていただきます。

東京オリンピック女子卓球のテレビ放送を確認したい方はこちら

東京オリンピック2020卓球女子のテレビ放送予定まとめ!見逃し配信や無料動画も調査!

東京オリンピック卓球女子の組み合わせや結果を確認したい方はこちら

東京オリンピック2020卓球女子組み合わせと結果速報!日本代表の成績もまとめ!

それでは、また次回の記事でお会いしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*