炎の体育会TV野球(4月4日)のマスクマンは誰?マスク・ド・スラッガーを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは。

 

新型コロナウイルスの影響で、楽しみにしていたプロ野球の開幕も、まだいつになるのかもはっきり分かっていません。

そんな中、2020年4月4日放送の炎の体育会TVでは、野球ファンが楽しみにしている【マスク・ド・スラッガー】が放送されます。

 

野球ファンなら誰でも知っている強打者が、正体が分からない様にマスクを被って、天才キッズと対戦して、3人連続で打ち取られると正体をバラすという人気企画ですよね。

 

マスクを被っている選手が誰なのかを推理する事が、いつも楽しみですが、今回もどんな選手が出るのか気になりますよね。

既に出ているヒントとしては、

  1. 身長192センチの歴代最高身長のスラッガー
  2. プロ野球日本一経験者
  3. 2000本安打達成者
  4. 侍JAPAN4番
  5. 高校通算51本塁打

の5選手となっています。

 

という事で今回は、『炎の体育会TV野球(4月4日)のマスクマンは誰?マスク・ド・スラッガーを紹介!』と題し、

  • 身長192センチの歴代最高身長のスラッガーは誰?
  • プロ野球日本一経験者は誰?
  • 2000本安打達成者は誰?
  • 侍JAPAN4番は誰?
  • 高校通算51本塁打は誰?
  • まとめ

という順番にお伝えしていきます。

身長192センチの歴代最高身長のスラッガーは誰?

この身長から推測すると、元ヤクルトスワローズから楽天イーグルスでも活躍した宮出隆自氏でしょうか。

 

と思いましたが、左バッターで、あのスイングは駒田徳広氏に決まりです。

データでは駒田氏の身長は191センチですので、除外していましたが、スイング見れば間違いないです。

ちなみに、マスク・ド・レッドのことです。

 

 

 

プロ野球日本一経験者は誰?

こちらは、マスク・ド・イエローでしたが、元ベイスターズの佐伯貴弘氏でしたね。

 

 

 

2000本安打達成者は誰?

こちらは、マスク・ド・ブルーになりますが、さすがに2000本安打だけでは分かりませんが、マスクから見える口と目を見れば元ヤクルトスワローズの宮本慎也氏だと分かりますね。

 

 

 

侍JAPAN4番は誰?

侍JAPANの4番という情報では、広島カープの鈴木誠也選手かなと思いましたが、WBC世界一という情報もありましたので、もしこれが同一人物なら、日本がWBC世界一になったのは、2006年と2009年の2回です。

その2大会で4番になったのは、

2006年

  • 松中信彦氏(8試合)

 

2009年

  • 村田修一(4試合)
  • 稲葉篤紀(3試合)
  • 城島健司(2試合)

の内の誰かになります。

 

と思いましたが、マスク・ド・グリーンを担当したのは、初芝清氏でした。

シドニーオリンピック予選で日本代表の4番を打っていたということですが、あの当時は日本代表を「侍JAPAN」とは呼んでなかったはずですが…。

 

 

 

高校通算51本塁打は誰?

元阪神タイガースとオリックスで活躍した濱中治氏だと予想出来ます。

和歌山県立南部高等学校時代に高校通算51本塁打を放っています。

こちらは、マスク・ド・パープルのことです。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、『炎の体育会TV野球(4月4日)のマスクマンは誰?マスク・ド・スラッガーを紹介!』と題しまして、お伝えしました。

 

プロ野球もなかなか開幕出来ない状況の中、やっぱりファンは野球が見たいですよね。

そんな野球ファンも楽しめる『炎の体育会TV』のプロ野球選手とキッズとの勝負は、いつも面白いです。

今回は、どんな選手が出てくるのか、まだ分かりませんが、予想してみるのも、ファンにとっては楽しいですよね。

 

いつもありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*