炎の体育会TV野球(10月17日)マスクマンの正体は誰?WBC金メダリストを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、こんにちは。

 

プロ野球も、新型コロナウイルス流行の影響で、開催期間が短縮され、オールスターも無くなって、野球ファンには少し寂しい年になっています。

 

そんな中、2020年10月17日放送の炎の体育会TVでは、野球ファンが楽しみにしている【マスク・ド・スラッガー】シリーズが放送されます。

 

野球ファンなら誰でも知っている選手が、正体が分からない様にマスクを被って、有名人や天才キッズと対戦して、ミッションに失敗すると正体をバラすという人気企画ですよね。

 

マスクを被っている選手が誰なのかを推理する事が、いつも楽しみですが、今回もどんな選手が出るのか気になりますよね。

既に出ているヒントとしては、

  • WBC金メダリスト
  • 左右ピッチャーの二人

となっています。

 

この二つのヒントから選手を特定したいきたいと思います。

という事で今回は、

  • マスク・ド・シルバーは誰?
  • マスク・ド・ゴールドは誰?
  • まとめ

という順番にお伝えしていきます。

マスク・ド・シルバーは誰?

予告動画から見ると、「マスク・ド・シルバー」は左利きの選手だという事が分かります。

そして、ヒントのWBC金メダリストから推測していくと、WBCで金メダルを獲得したのは、2006年と2009年の過去2回あり、その中で左投手は

 

2006年メンバー

  • 和田毅  (福岡ソフトンバンクホークス)
  • 藤田宗一 (野球解説者)
  • 杉内俊哉 (巨人二軍コーチ)
  • 石井弘寿 (ヤクルト一軍コーチ)

 

2009年メンバー

  • 内海哲也 (西武ライオンズ)
  • 岩田稔  (阪神タイガース)
  • 山口鉄也 (巨人三軍コーチ)
  • 杉内俊哉 (巨人二軍コーチ)

というメンバーになります。

 

こんな風に並べてみると、現役は来ないでしょうし、コーチもペナントレース中は来ないと考えると、自ずと答えは藤田宗一さんになりますが、いかがでしょうか?

 

 

 

マスク・ド・ゴールドは誰?

上記の様に、WBCで金メダルを獲得した2006年と2009年の中で左投手は、

2006年メンバー

  • 清水直行  (琉球ブルーオーシャンズ監督)
  • 久保田智之 (阪神タイガーススカウト)
  • 松坂大輔  (埼玉西武ライオンズ)
  • 上原浩治  (タレント)
  • 薮田安彦  (野球解説者)
  • 藤川球児  (阪神タイガース)
  • 渡辺俊介  (新日鐵住金かずさマジック監督)
  • 大塚晶則  (中日ドラゴンズ派遣コーチ)
  • 小林宏之  (マリーンズ・ベースボール・アカデミーコーチ)
  • 馬原孝浩  (野球解説者)

 

2009年メンバー

  • ダルビッシュ有 (シカゴ・カブス)
  • 馬原孝浩    (野球解説者)
  • 田中将大    (ニューヨークヤンキース)
  • 涌井秀章    (東北楽天)
  • 松坂大輔    (埼玉西武ライオンズ)
  • 岩隈久志    (巨人)
  • 藤川球児    (阪神タイガース)
  • 小松聖     (オリックスコーチ)
  • 渡辺俊介    (新日鐵住金かずさマジック監督)

というメンバーになります。

 

ここでも同じ様に現役選手やコーチを除くと、

  • 上原浩治
  • 薮田安彦
  • 馬原孝浩

の3人になります。

私の予想では、「上原浩治さん」と「薮田安彦さん」の場合は、今までの体育会TVの傾向を見ると、肩書きが、元メジャーリーガーになるのではないかと思います。

 

よって、今回のマスク・ド・ゴールド馬原孝浩さんと予想します。

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、『炎の体育会TV野球(10月17日)マスクマンの正体は誰?WBC金メダリストを紹介!』と題しまして、お伝えしました。

 

毎回野球ファンを楽しませてくれる『炎の体育会TV』の元プロ野球選手のマスクマンシリーズは、いつも面白いです。

 

今回は、どんな選手が出てくるのか、まだ分かりませんが、予想してみるのも、ファンにとっては楽しいですよね。

 

いつもありがとうございます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*