東京オリンピック2020男子テニスの日程と日本代表選手まとめ!優勝候補の海外注目選手も調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

今回取り上げるのは「東京オリンピック男子テニス」です。

前回のリオオリンピックでの錦織圭選手が銅メダルを勝ち取った姿は、今でもはっきり覚えています。

 

今回は特に地元東京での開催という事で、前回よりも盛り上がる事は間違いないでしょう。

そんな男子テニスの日程や日本代表選手は気になりますよね。

 

という事で今回は、東京オリンピックでの気になる

  • 男子テニスの大会日程
  • 日本代表選手の有力候補
  • 優勝候補と目される海外の注目選手
  • まとめ

をお伝えしていきます。

東京オリンピック2020男子テニスの結果を確認したい方はこちら

東京オリンピック2020男子テニス組み合わせと結果速報!金メダルと順位も調査!

東京オリンピック男子テニスの日程

東京オリンピックでのテニスの日程は、男女共に「7月25日~8月2日」までが全日程となっています。

その中で男子シングルス、男子ダブルスは、下記のスケジュールで試合が予定されています。

7/26(水) 男子シングルス1回戦
男子ダブルス1回戦
7/27(木) 男子シングルス1回戦
男子ダブルス1回戦
7/28(金) 男子シングルス2回戦
男子ダブルス2回戦
7/29(土) 男子シングルス2回戦
男子ダブルス準々決勝
7/30(日) 男子シングルス3回戦
男子ダブルス準決勝
7/31(月) 男子シングルス準々決勝
男子ダブルス3位決定戦
男子ダブルス決勝
8/1(火) 男子シングルス準決勝
8/2(水) 男子シングルス3位決定戦
男子シングルス決勝

このように、本番では1日ごとに試合が組まれているため、勝ち進めばかなりの過密日程が予想されます。

選手たちのフィジカル、メンタルの管理をはじめ、スタッフ一丸となってマネジメントしていくことが肝になりますね。

 

 

 

日本代表選手の有力候補

それでは、続いて男子日本代表の有力候補と目される選手たちについて見ていきましょう。

オリンピックでの男子テニスの出場選手数は、全出場枠が64枠、そして1か国あたり4名までとなっています。

 

また、代表選手として出場するには、

  • デビスカップの出場回数が4年間で3回以上の選手
  • 上記を満たしている選手の中から、ランキング上位56位までがダイレクトイン

…という条件を満たしていなければ、オリンピックへの出場資格を得ることが出来ません。

 

そして、上記の資格を満たしている選手で56枠が埋まり、残った8枠は、

  • ITF(国際テニス連盟)推薦枠:6枠(オリンピックの金メダリスト、またはグランドスラムの優勝経験者で現在の世界ランキングが300位以内)
  • IOF(国際オリンピック委員会)推薦枠:2枠

という枠から選出されることになります。何だかとても複雑ですね。

 

なお、このうち「ITF推薦枠」の選出基準については、以下のような基準で選出がなされます。

  • 開催国の選手にダイレクトインが1人もいない場合、その国の選手を1人
  • アジア、オセアニア、北中米カリブ、南アメリカ、アフリカ、ヨーロッパの6地域ののうち、ダイレクトインが1人もいない地域の中で、上位300位の中の最上位の選手を1名
  • 過去にオリンピック金メダル、グランドスラムでの優勝経験者のうち、選考時点で200位以内に入っている選手を2名
  • 残り2枠は出場資格を有している選手の中で、57位、58位の選手を2名

 

このように、「優れた選手が選出される」というシステムではなく、世界ランキングでの順位など、様々な制約をクリアしていないと、代表選手としてオリンピックに出場することが出来ません。

 

これだけ見ると、オリンピックに出場するハードルが非常に高いように思えてきますが、実は、オリンピックでのテニスは出場辞退が非常に多い種目として知られています。

リオオリンピックの際も出場辞退が重なり、結果的には日本からは5名が出場を果たしています。

 

という訳で、今回は先ほどご紹介した出場条件は一応抜きにした上で、日本代表の有力候補をまとめてみました。

 

錦織圭 (1989年12月29日生まれ)

https://platform.twitter.com/widgets.js

テニスをよく知らない方でも、日本のテニスプレーヤーといえばこの人!というイメージの方も多いかと思います。

 

自己最高のランキングはシングルス世界4位。これは歴代のアジアプレーヤーの中でも最高の順位です。

他にも、2014年の全米オープン男子シングルスでは準優勝、グランドスラム4大大会でアジアの男子史上初のファイナリストにも名を連ねるなど、名実共にアジア最高のテニスプレーヤーといえますね。

 

リオデジャネイロオリンピックでも、男子シングルスの銅メダルに輝いており、東京オリンピックでのメダル獲得にも期待が高まっています。

 

 

マクラクラン勉 (1992年5月10日生まれ)

https://platform.twitter.com/widgets.js

続いては、ダブルスのスペシャリストとして知られているマクラクラン勉です。

彼はニュージーランドの生まれで、2017年に日本へ帰化したという経歴を持っています。

ダブルスでの自己最高順位は世界18位ということもあり、東京オリンピックでは錦織圭とのダブルスで飛躍が期待されています。

 

 

西岡良仁 (1995年9月27日生まれ)

https://platform.twitter.com/widgets.js

続いては気鋭のサウスポーとして知られる西岡良仁です。

自己最高ランキングはシングルス48位。

 

ATPツアーの男子シングルスでは、日本史上5人目の優勝を果たしました。

現在24歳と、年齢的にも脂が乗ってきていますので、東京オリンピックでの上位進出にも期待がかかりますね。

 

 

 

優勝候補と目される海外の注目選手

さて、続いては海外にも目を向けてみましょう。

こちらのコーナーでは、東京オリンピックでのメダル獲得が有力視されている注目の海外プレーヤーたちについてまとめてみました!

 

ラファエル・ナダル (1986年6月3日生まれ)

https://platform.twitter.com/widgets.js

テニスをご存じない方でも、ナダルの名前は知っているという人は多いのではないでしょうか。

 

現世界ランキング2位のナダルは言わずと知れたトッププレーヤーで、グランドスラム優勝回数歴代2位を始め、輝かしいキャリアの中で数々の記録を打ち立ててきました。

 

現在33歳という年齢には差し掛かっているものの、依然として東京オリンピックでも優勝が有力視される選手のうちの一人と言えるでしょう。

 

 

ノバク・ジョコビッチ (1987年5月21日生まれ)

https://platform.twitter.com/widgets.js

続いて紹介するのはセルビア出身のプレーヤー、ノバク・ジョコビッチです。

 

2020年年始に行われたATPカップでは、ナダルやメドベージェフなどの並み居る強豪を破ってシングルス6勝を飾るなど、現在とてつもない好調を維持しており、世界ランキングでも1位の座を奪還しました。

今年度の好調をそのまま維持してオリンピックに臨むこととなれば、上位進出はまず間違いないのではないでしょうか。

 

 

ドミニク・ティエム (1993年9月3日生まれ)

https://platform.twitter.com/widgets.js

最後にご紹介するのはオーストリア出身プレーヤー、ドミニク・ティエムです。

 

2018年の全仏オープンで錦織圭を破ったことで記憶している方も少なくないのではないでしょうか。

彼はクレーコートを得意としており、その実力は王者ナダルを凌ぐほど。

 

年齢も26歳と良い時期を迎えているだけに、東京オリンピックでの活躍にも期待がかかります。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

今回は東京オリンピックの男子テニスに焦点をあて、ご紹介していきました。

 

出場選手をはじめ、まだまだ予想がつかない部分も大きい種目ではありますが、それだけ考察するのが楽しい種目でもあります。

 

皆さんもぜひ、オリンピック本番で誰が活躍するか、考察してみてくださいね。

東京オリンピック2020男子テニスの結果を確認したい方はこちら

東京オリンピック2020男子テニス組み合わせと結果速報!金メダルと順位も調査!

 

いつもありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*