東京オリンピック2020陸上女子種目別日程とタイムテーブルまとめ!金メダル候補の注目選手も調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ東京オリンピック2020が近づいて来ました。

 

オリンピックと言えば、陸上競技ですが、陸上競技は身体能力の差が出やすい競技ですので、そもそも日本人には向いていない競技です。

それでも近年では、陸上短距離でも結果を残す選手も出て来て、オリンピックでの活躍も期待が持てる様になって来ました。

 

スポーツの原点ともいえる陸上競技は、日本人選手が出ていても、出ていなくても、人を惹きつける何かがある様に感じますね。

今回は、そんな東京オリンピック陸上女子

  • 種目別日程とタイムテーブル
  • 金メダル候補の注目選手まとめ
  • まとめ

をお伝えしていきます。

東京オリンピック2020陸上男子の日程や注目選手を確認したい方はこちら

東京オリンピック2020陸上男子種目別日程とタイムテーブルまとめ!金メダル候補の注目選手も調査!

東京オリンピック2020陸上女子の結果を確認したい方はこちら

東京オリンピック2020陸上女子決勝結果速報!金メダリストと順位や海外の反応もまとめ!

種目別日程とタイムテーブル

トラック競技

100m

予選

7月31日(金) 9:00〜12:30

 

準決勝

8月1日(土) 19:00〜21:55

 

決勝

8月1日(土) 19:00〜21:55

 

 

200m

予選

8月3日(月) 9:00〜11:55

 

準決勝

8月3日(月) 19:00〜22:00

 

決勝

8月4日(火) 19:00〜21:55

 

 

400m

予選

8月4日(火) 9:00〜12:35

 

準決勝

8月5日(水) 18:30〜22:00

 

決勝

8月7日(金) 20:00〜22:55

 

 

800m

予選

7月31日(金) 9:00〜12:30

 

準決勝

8月1日(土) 19:00〜21:55

 

決勝

8月4日(火) 19:00〜21:55

 

 

1500m

予選

8月3日(月) 9:00〜11:55

 

準決勝

8月5日(水) 18:30〜22:00

 

決勝

8月7日(金) 20:00〜22:55

 

 

 

5000m

予選

7月31日(金) 19:00〜21:10

 

決勝

8月3日(月) 19:00〜22:00

 

 

10000m

決勝

8月8日(土) 19:00〜22:20

 

 

100mハードル

予選

8月1日(土) 9:00〜12:00

 

準決勝

8月2日(日) 19:00〜21:55

 

決勝

8月3日(月) 9:00〜11:55

 

 

400mハードル

予選

8月1日(土) 9:00〜12:00

 

準決勝

8月3日(月) 19:00〜22:00

 

決勝

8月5日(水) 9:00〜12:25

 

 

3000m障害

予選

8月2日(日) 9:10〜12:00

 

決勝

8月5日(水) 18:30〜22:00

 

 

4×100mリレー

予選

8月6日(木) 9:00〜15:05

 

決勝

8月7日(金) 20:00〜22:55

 

 

4×400mリレー

予選

8月6日(木) 19:00〜21:45

 

決勝

8月8日(土) 19:00〜22:20

 

 

 

フィールド競技

走高跳

予選

8月6日(木) 9:00〜15:05

 

決勝

8月8日(土) 19:00〜22:20

 

 

棒高跳

予選

8月3日(月) 19:00〜22:00

 

決勝

8月6日(木) 19:00〜21:45

 

 

走幅跳

予選

8月2日(日) 9:10〜12:00

 

決勝

8月4日(火) 9:00〜12:35

 

 

三段跳

予選

7月31日(金) 19:00〜21:10

 

決勝

8月2日(日) 19:00〜21:55

 

 

砲丸投

予選

7月31日(金) 9:00〜12:30

 

決勝

8月2日(日) 9:10〜12:00

 

 

円盤投

予選

8月1日(土) 9:00〜12:00

 

決勝

8月3日(月) 19:00〜22:00

 

 

ハンマー投

予選

8月2日(日) 9:10〜12:00

 

決勝

8月4日(火) 19:00〜21:55

 

 

やり投

予選

8月4日(火) 9:00〜12:35

 

決勝

8月7日(金) 20:00〜22:55

 

 

七種競技

決勝

8月5日(水) 9:00〜12:25 18:30〜22:00

8月6日(木) 9:00〜15:05 19:00〜21:45

 

 

20km競歩

決勝

8月7日(金) 16:30〜18:15

 

 

 

金メダル候補の注目選手まとめ

各種目の注目すべき金メダル候補は

トラック競技

100m

シェリー=アン・フレーザー=プライス (ジャマイカ)

歴代4位の記録を持っていますが、年齢的なところもあり、2019年の世界陸上では不安視されていましたが、やっぱり健在でした。

貫禄の金メダルは、感動しましたよね。

 

 

シャカリ・リチャードソン (アメリカ)

2019年の6月に10秒75を出

し、この記録は2019年の最高タイムで、他に持ちタイムが早い選手はいますが、調子の良さを考えると、東京オリンピックで爆発の予感があります。

それにしても女子100mは群雄割拠ですよね。

 

 

 

200m

ダフネ・シパーズ (オランダ)

100mも早いですが、200mは世界歴代3位の記録を持っています。

ここ数年、大きな大会で結果が出ていませんが、ポテンシャルは間違いないので、東京オリンピックにピークを持ってきて欲しい選手です。

 

 

ディナ・アッシャー・スミス (イギリス)

2019年の世界陸上金メダリスト。

ここにきて自己ベストを伸ばしてきていますので、東京オリンピックまでその勢いを持続できるかどうかが勝負でしょう。

 

200mに出るか出ないか分かりませんが、バハマのショーナ・ミラー=ウイボは、得意なのは400mですが、200mも2019年の全選手の記録の中で一番早いタイムを出していますので、見てみたいですよね。

 

 

400m

サルワ・イード・ナセル (バーレーン)

2019年の世界陸上で、歴代3位となる48秒14を出して金メダル獲得。

一躍東京オリンピックの金メダルの大本命に名乗り出ました。

 

 

ショーナ・ミラー=ウイボ (バハマ)

2019年の世界陸上で、歴代6位となる48秒37を出して銀メダル獲得。

東京オリンピックでは、2019年の世界陸上でこの種目金メダルを獲得したサルワ・イード・ナセルとの一騎討ちが予想されます。

 

 

 

800m

アジー・ウィルソン (アメリカ)

2019年の世界陸上では銅メダルに終わりましたが、現役の800m選手の中では、トップクラスの持ちタイムがあるので、ベストな走りが出来れば、東京オリンピックでも金メダル候補です。

 

 

ハリマー・ナカアイ (ウガンダ)

2019年の世界陸上では金メダル獲得。

タイムはそれほど早く無いですが、自己記録を更新しており、まだ底が知れません。

暑いドーハで勝った事で、東京オリンピックでも金メダルの可能性有りです。

 

 

 

1500m

シファン・ハッサン (オランダ)

2019年の世界陸上では、この種目の歴代6位に入る好タイムで金メダル獲得。

今一番勢いのある選手でしょう。

東京オリンピックでも、この人を中心にレースが進んでいくことは、間違いないでしょう。

 

 

ゲンゼベ・ディババ (エチオピア)

この種目の世界記録保持者。

あと、室内ではこの他6つの世界記録を保有していて、既にレジェンドです。

東京オリンピックでシファン・ハッサン選手との対決がみたいですね。

 

 

 

5000m

ヘレン・オビリ (ケニア)

 

この種目の世界記録保持者で2019年の世界陸上の金メダリスト。

東京オリンピックでも、金メダル大本命です。

ただ、ケニア勢は、他にも力のある選手がたくさんいますので、本番はどうなるでしょうか!

 

 

 

10000m

アルマズ・アヤナ・エバ (エチオピア)

この種目の世界記録保持者。

その世界記録も2016年のリオオリンピックで出したもので、東京オリンピックで金メダルが取れれば、連覇という事になります。

 

 

ゲンゼベ・ディババ (エチオピア)

リオオリンピックでは、この種目で銀メダルに終わり、やはり東京オリンピックでは金メダルが欲しいところでしょう。

この種目歴代6位のタイムを持っているので、調整さえうまくいけば、メダルは固いでしょう。

 

 

 

100mハードル

ケンドラ・ハリソン (アメリカ)

世界記録保持者。

2019年の世界陸上では、銀メダルに終わり、世界記録保持者と言えど簡単には勝てない事が分かりました。

今のこの種目は群雄割拠で、ハイレベルな争いは誰が勝ってもおかしくなく、見ていて面白いです。

 

 

ダニエル・ウィリアムズ (ジャマイカ)

世界歴代7位となるタイムを、2019年の7月に出していて、このタイムが2019年の一番早いタイムでした。

今一番調子が上がっている選手かも知れません。

 

この他にも100mハードルには、2019年の世界陸上で金メダルを獲得したニア・アリ(アメリカ)や世界歴代4位の記録を持つブリアナ・マクニール(アメリカ)など、本当に誰が勝ってもおかしく無い選手がゴロゴロいますので楽しみです。

 

 

 

400mハードル

ダリラ・ムハンマド (アメリカ)

2019年の世界陸上で世界記録を更新しての金メダル獲得。

間違いなく東京オリンピックでも、この人を中心にレースが展開されるでしょう。

 

 

シドニー・マクラウリン (アメリカ)

2019年の世界陸上で世界記録保持者のダリラ・ムハンマに破れ銀メダルに終わりましたが、その時のタイムも世界歴代2位の記録になり、東京オリンピックでもこの二人の争いになるのは間違いないでしょう。

 

 

 

3000m障害

ベアトリス・チェプコーチ (ケニア)

世界記録保持者2019年の世界陸上でも貫禄の金メダル。

東京オリンピックでは、この人を破る選手が現れるのでしょうか。

 

 

 

4×100mリレー

ジャマイカ

2019年の世界陸上で金メダル。

東京オリンピックでは、ジャマイカ、イギリス、アメリカの金メダル争いになりそうです。

 

 

 

4×400mリレー

アメリカ

バトンを落とすか、反則でも無い限りアメリカの金メダルは、ほぼ確定だと思います。

 

 

 

フィールド競技

走高跳

マリヤ・ラシツケネ (ロシア)

世界歴代5位の記録を持ち、2019年の世界陸上3連覇を達成し、今は無敵の女王状態です。

東京オリンピックで見たい選手です。

 

 

 

棒高跳

サンディ・モリス (アメリカ)

世界歴代2位の記録を持っていて、現役選手では一番高い記録を持っています。

ただ、2019年の世界陸上では、銀メダルに終わり、東京オリンピックに向けて、不安が残ります。

 

 

アンゼリカ・シドロバ (ロシア)

サンディ・モリスを抑えて2019年の世界陸上を制して金メダルを獲得しました。

その時の記録が自己ベスト(世界歴代3位)で、今記録を伸ばしているという事で、もし出場できるなら東京オリンピックが楽しみです。

 

 

 

走幅跳

マライカ・ミハンボ (ドイツ)

2019年の世界陸上で、世界歴代12位の記録を出し、金メダル獲得。

東京オリンピックにロシア選手が出なければ、金メダルの可能性大です。

 

 

 

三段跳

ユリマー・ロハス (ベネズエラ)

2019年は絶好調で、9月に世界歴代2位の記録を出し、世界陸上では貫禄の金メダルを獲得。

東京オリンピックでは、世界記録の期待もかかります。

 

 

 

砲丸投

クリスティーナ・シュワニッツ (ドイツ)

2019年の世界陸上では、銅メダルに終わりましたが、自己ベストには届かない成績でしたので、ポテンシャルは金メダルを取ってもおかしくありません。

東京オリンピックにタイミングが合えば面白いと思います。

 

 

リジアオ・ゴング (中国)

2019年の世界陸上金メダリスト。

この勢いを東京オリンピックまで持続出来れば、良い勝負が出来そう。

 

 

 

円盤投

サンドラ・ペルコビッチ (クロアチア)

2019年の世界陸上は銅メダルに終わりましたが、ロンドンオリンピックとリオオリンピックで金メダルを取っていて、東京オリンピックで3個目の金メダルを狙います。

 

 

デニア・カバレロ (キューバ)

2019年の世界陸上は、同じくキューバのペレス選手に届かず銀メダルでしたが、持っている記録はカバレロ選手の方が上ですので、東京オリンピックでは、金メダルがあるかも。

 

 

 

ハンマー投

アニタ・ヴォダルジク (ポーランド)

世界記録保持者。

2019年は大きな大会に出ていませんが、東京オリンピックに出れば、金メダル最有力候補でしょう。

 

 

 

やり投

ホイホイ・リュ (中国)

世界歴代10位の記録を持ち、2019年の世界陸上は銅メダルに終わりましたが、東京オリンピックでは十分金メダルを狙える力はあります。

 

 

ケルシー・リー・バーバー (オーストラリア)

2019年の世界陸上の金メダリスト。

2019年の好調を東京オリンピックまで維持できるかどうかにかかっています。

 

 

 

七種競技

カタリーナ・ジョンソン・トンプソン (イギリス)

2019年の世界陸上で、世界歴代6位のハイスコアを叩き出して金メダルを獲得。

今絶好調で、このまま維持出来れば、東京でも金メダルは狙えます。

 

 

ナフィサトウ・ティアム (ベルギー)


2019年の世界陸上では、銀メダルに終わりましたが、自己ベストはカタリーナ・ジョンソン・トンプソン選手より上の世界歴代3位の記録を持っていて、東京オリンピックまでに調整が上手くいけば、金メダルは十分狙えるでしょう。

 

 

 

20km競歩

ホン・リュウ (中国)

2019年の世界陸上に金メダリスト。

リオオリンピック金メダリスト。

50㎞競歩の世界記録保持者で、20km競歩は世界歴代でも2位の記録を持っていて、ロシア選手が出場しなければ、金メダルは固いのでは無いかと思います。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、東京オリンピック2020陸上女子種目別日程とタイムテーブルに加えて、金メダル候補の注目選手もお伝えしました。

 

東京でオリンピックが開催される事が決まってから、楽しみにされていた方も多いでしょう。

特に日本人はオリンピック好きと言われますが、楽しいものはしょうがないですよね。

 

そんなオリンピックの中でも陸上競技は花形ですから、国籍関係なく盛り上がります。

実際に競技を見る前に、注目するべき選手を頭に入れてから見ると、さらに楽しめると思いますので、この記事を生かして頂ければ幸いです。

 

さぁ、オリンピックを楽しみましょう!

 

東京オリンピック2020陸上男子の日程や注目選手を確認したい方はこちら

東京オリンピック2020陸上男子種目別日程とタイムテーブルまとめ!金メダル候補の注目選手も調査!

東京オリンピック2020陸上女子の結果を確認したい方はこちら

東京オリンピック2020陸上女子決勝結果速報!金メダリストと順位や海外の反応もまとめ!

 

いつもありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*