東京オリンピック2020男子ラグビー日本代表のメンバーは?注目選手も紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

東京オリンピック2020がやってきます。

 

東京オリンピックで、注目される競技はたくさんありますが、2019年に一気に注目を集めた競技と言えば、『ラグビー』ですよね。

2019年ラグビーワールドカップの日本代表の活躍で、日本中が盛り上がりましたよね!

 

魂揺さぶる日本代表の戦いで、たくさんのラグビーファンが増えたと思いますが、2020年東京オリンピックのラグビー競技も楽しみにしている方も多いのでは無いでしょうか。

 

ただ、オリンピック競技としてのラグビーは、ワールドカップで見た15人制ラグビーとは違い、7人制ラグビーになります。

そして日本代表のメンバーもワールドカップのメンバーとは変わります。

 

今回の記事では、

  • 東京オリンピック2020男子ラグビー日本代表のメンバーは?
  • 東京オリンピック2020男子ラグビーの注目選手も紹介!
  • まとめ

をお伝えしていきます。

東京オリンピックの男子ラグビーの日程や出場国を確認したい方はこちら

東京オリンピック2020男子ラグビーの日程と参加出場国まとめ!テレビ放送や見逃し配信も調査!

 

東京オリンピック2020男子ラグビー日本代表のメンバーは?

東京オリンピック男子ラグビー日本代表メンバーはまだ決定していません。

今決まっている日本代表候補メンバーとしては、日本代表に一番近いメンバーとして『オリンピックスコッド』と呼ばれるメンバーと、そのオリンピックスコッド候補とも言える『トレーニングスコッド』、そしてラグビーワールドカップにも出場していて、東京オリンピックへの出場意欲を示している選手も可能性があります。

 

第二次オリンピックスコッド

  • 小澤大(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)
  • 桑水流裕策(コカ・コーラレッドスパークス)
  • 合谷和弘(クボタスピアーズ)
  • 後藤輝也(NECグリーンロケッツ)
  • 坂井克行(豊田自動織機シャトルズ)
  • ジョセ・セル(北海道バーバリアンズ)
  • 副島亀里ララボウ ラティアナラ(コカ・コーラレッドスパークス)
  • トゥキリ ロテ(近鉄ライナーズ)
  • トロケ マイケル(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス)
  • 橋野皓介(キヤノンイーグルス)
  • 羽野一志(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス)
  • 林大成(日本ラグビー協会)
  • 彦坂匡克(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)
  • 藤田慶和(パナソニック ワイルドナイツ)
  • ボーク コリン雷神(リコーブラックラムズ)
  • 松井千士(サントリーサンゴリアス)
  • 本村直樹(ホンダヒート)
  • 山内俊輝(リコーブラックラムズ)
  • 吉澤太一(コカ・コーラレッドスパークス)

 

トレーニングスコッド

  • 石垣航平(コカ・コーラレッドスパークス)
  • 石田吉平(明治大学1年)
  • 大石力也(NECグリーンロケッツ)
  • 加納遼大(明治安田生命ホーリーズ)
  • 津岡翔太郎(コカ・コーラレッドスパークス)
  • 中川和真(キヤノンイーグルス)
  • 中澤健宏(リコーブラックラムズ)
  • 野口宜裕(セコムラガッツ)
  • ヘンリー ブラッキン(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス)

 

東京オリンピック出場の意思を示している選手

  • 福岡堅樹(パナソニックワイルドナイツ)
  • レメキ ロマノ ラヴァ(ホンダヒート)
  • 松島幸太朗(サントリーサンゴリアス)

というメンバーですが、実際に選ばれるのは、12人しか選ばれませんので、かなり競争は激しいですね。

 

 

 

東京オリンピック2020男子ラグビーの注目選手も紹介!

2019年のラグビーワールドカップで世界中の『凄い選手』を目にして、東京オリンピックが一段と楽しみになった方も多いのではないでしょうか。

まだ正式に各国の代表選手は発表されていませんが、是非見てみたい選手をご紹介していきます。

 

スコット・カリー (ニュージーランド)

オールブラックスセブンズのキャプテンで、長くこの代表を引っ張ってきた選手。

途中、ケガにより代表を外れていましたが、その無尽蔵のスタミナとキャプテンシーは、チームにとって欠かせない存在です。

 

 

ソニー・ビル・ウィリアムズ (ニュージーランド)

 

t-family: arial, helvetica, sans-serif;”>身長194cm、体重108kgの強靭な肉体を持ち、オールブラックスで、ワールドカップの優勝経験もあるスタープレーヤー。

体幹を鍛える為に始めたボクシングでプロボクサーの資格まで取ってしまったというのは、有名な話です。

とにかくボディバランスが良く、彼の『オフロードパス』は一見の価値有りです。

 

 

ルアリド・マコノヒー (イングランド)

 

t-family: arial, helvetica, sans-serif;”>昨年のワールドカップで、その強さを改めて証明した、イングランドの主力選手で、オリンピックで採用されるセブンズのイングランド代表でもプレーする選手。

やはりスピードと体の強さがずば抜けていて、イングランドの試合では、注目した方がいいでしょう。

 

 

ジェリー・トゥワイ (フィジー)

リオオリンピックで金メダルを獲得したフィジーの主力選手。

2019年の最優秀セブンズ・プレーヤーに選ばれていて、今世界のセブンズのプレーヤーの中で、一番見ておきたい選手では無いでしょうか。

その俊敏な動きとボディバランスは、見所の一つですが、彼のチーム全体をマネジメントする能力を見逃さないで下さい。

 

 

シアベロ・セナトラ (南アフリカ)

リオオリンピックの南アフリカ銅メダルのメンバー。

2016年の最優秀セブンズ・プレーヤーで、ワールドシリーズでのトライ数は200トライを超え、それは、世界トップクラスの南アフリカの中でも、ナンバー1の数字です。

 

 

ペリー・ベイカー (アメリカ)

2017・2018年の最優秀セブンズ・プレーヤー。

元NFL選手で、そのスピードと軽快なフットワークを見れば、アメリカンフットボールでも優秀な選手だった事がわかります。

 

 

福岡 堅樹 (日本)

 

2019年ラグビーワールドカップを見た方なら、やはり東京オリンピックでも福岡選手は見てみたいですよね。

元々前回のリオオリンピックにも出場していて、セブンズ、オリンピック共に経験済みというのは、非常に有利では無いでしょうか。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、東京オリンピック2020男子ラグビー日本代表のメンバーと注目選手も紹介しました。

 

2019年のラグビーワールドカップ以来、日本でもラグビー人気が続き、元々ラグビーを見ていなかった方々も、それ以降多くがラグビーファンになった様です。

 

当然、東京オリンピックでもかなり注目競技の一つになると思われ、またあの感動を味合わせてもらえると、期待している方も多いでしょう(私もその内の一人です)。

 

そしてまた、世界のスーパープレイに酔いしれましょう!

東京オリンピックの男子ラグビーの日程や出場国を確認したい方はこちら

東京オリンピック2020男子ラグビーの日程と参加出場国まとめ!テレビ放送や見逃し配信も調査!

いつもありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*