ヴィッセル神戸2020冬の最新移籍情報まとめ!補強で獲得すると噂の新加入選手と退団も調査!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2019シーズンの移籍市場で最も注目集めたJクラブチームといえば、ヴィッセル神戸ではないでしょうか。

 

元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ選手

同じく元スペイン代表FWダビド・ビジャ選手

FCバルセロナで主力として活躍していた2人のスーパースターの獲得に成功しました。

 

オーナーである楽天・三木谷社長の手腕といわれています。

2人の獲得で2019シーズンは、ヴィッセル神戸だけじゃなく、Jリーグ全体が一気に盛り上がりましたよね!

そんなヴィッセル神戸の2020冬移籍ではチームにどんな動きがあるのでしょうか?

 

また引退が確定しているビジャ選手の代わりに、またもやビッグネームの移籍があるかもしれません。

 

今回は、まず現状のヴィッセル神戸のスタメンや戦力などを分析し、そこから補強のポイントや入退団の噂がある選手について調査していきます。

流れとしては以下になります。

  • ヴィッセル神戸2020冬の最新移籍情報まとめ!
  • ヴィッセル神戸2020冬の補強で獲得すると噂の新加入選手と退団も調査!
  • まとめ

こんな感じでお伝えしていきます。

 

 

ヴィッセル神戸2020冬の最新移籍情報まとめ!

ヴィッセル神戸の現在のチーム分析

2019シーズン最終節のフォーメーションが下記になります。

フォーメーションの図を観ながら解説すると、状況がわかりやすいので載せておきますね。

 

攻撃陣

ビジャ選手の位置に大分トリニータから獲得した藤本憲明選手が代わりに出場したりしています。

2020シーズンにはFWのウェリントン選手も退団が決定しています。

加えて、ポドルスキ選手には絶えず退団の噂があるので、FWの戦力不足は否定できません。

 

 

中盤

上記フォーメーションでは、山口蛍選手とサンペール選手のWボランチです。

この布陣以外にも、イニエスタ選手がサイドに張ったり2ボランチやインサイドハーフの高い位置を取る場合には、山口選手がアンカーとして下がっています。

そしてサンペール選手が山口選手とコンビで、前線にパスを供給するという形です。

現状中盤陣は安定している様子です。

 

 

守備

SBでは、西大伍選手、酒井高徳選手の両翼が大いに機能していますね。

30代の経験を積んだ両選手が攻守にわたってチームを支えているといっても過言ではないです。

 

ただ、CBでは不安があります

大崎玲央選手を中心に置き、右にダンクレー選手、左に新加入のオマリー選手の布陣です。

今期ヴィッセル神戸の失点数は69点で、降格決定のジュビロ磐田の51点よりはるかに多い点数となってしまっています。

 

自陣にボールを持ち込まれた際のCBの足元の技術が少し気になります。

またチームの精神的支柱でもあったCB那須大地選手も今季限りの引退が決定しています。

 

オマリー選手の加入もありましたが、最終ラインのCBの強化は必須といえるでしょう。

上記の点を踏まえて、ヴィッセル神戸2020年補強のために冬移籍の噂のある選手を、次にあげていきたいと思います。

 

 

 

ヴィッセル神戸2020冬の補強で獲得すると噂の新加入選手と退団も調査!

獲得の噂がある選手

MF ダビド・シルバ(マンチェスター・シティ)

https://platform.twitter.com/widgets.js

「魔術師」とあだ名される圧倒的なテクニシャンのレフティー、ダビド・シルバ選手です。

2020年に所属するマンチェスター・シティとの契約満了を迎え、本人もシティ退団の意向を明言しています。

日本でプレミアリーグのスーパースターが観戦できたらますますJリーグも盛り上がりますね!

 

 

MF イサク・クエンカ(サガン鳥栖) → ベガルタ仙台へ移籍

https://platform.twitter.com/widgets.js

バルセロナ下部組織出身、サガン鳥栖所属のウィンガー、クエンカ選手です。

ヴィッセル神戸バルサ化の一端を担う移籍が成立するかもしれません。

 

俊足とドリブルが武器で、キープ力がある選手です。

ただ守備に難があるので失点の多いヴィッセル神戸にフィットできるかどうかが課題です。

 

 

FW マリオ・ゴメス(シュツットガルト)

https://platform.twitter.com/widgets.js

元ドイツ代表の点取り屋マリオ・ゴメス選手です。

ビジャ選手退団に伴い攻撃力強化のために獲得に動いているようです。

 

189cmの恵まれた体格を生かしたパワー系のFWです。

ビジャ選手や藤本選手、古橋選手などスピードや抜け出しを活かした現在のヴィッセル神戸の攻撃戦術にどうマッチさせていくのか、見ごたえがありますね。

ドイツ代表でチームメイトだったポドルスキ選手との繋がりからの移籍も考えられますね。

 

 

FW エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)

 

4月1日時点で、既に移籍に合意というニュースが流れました。

言わずと知れた点取屋

日本国内で日本代表とも戦っていますので、よくご存知の方も多いと思いますが、かなりのビッグネームですので、楽しみですよね。

 

ただ、エイプリルフールのデマでない事を祈るばかりです! → エイプリルフールのデマでした!残念!

 

 

加入が決定した選手

DF

菊池 流帆 (←レノファ山口)

 

 

初瀬 亮 (←アビスパ福岡)

 

 

山川 哲史 (←筑波大)

 

 

MF

中坂 勇哉 (←京都サンガ)

 

 

FW

ドウグラス (←清水エスパルス)

 

 

小田 裕太郎 (←ヴィッセル神戸ユース)

 

 

 

退団の噂がある選手

FW ルーカス・ポドルスキ  → 退団決定

https://platform.twitter.com/widgets.js

母国ドイツでの復帰を希望しているポドルスキ選手です。

フィンク監督が慰留を促しているようですが、どう動くのでしょうか。

ポドルスキ選手の退団が決定すれば、攻撃陣の戦力強化はますます課題となります。

 

 

FW 古橋了吾  → 残留決定

https://platform.twitter.com/widgets.js

2019年夏の移籍ではオランダからのオファーがありましたが正式契約とは至らなかったようです。

しかし、本人は海外移籍の夢があると述べていて日本代表にも初選出されて急成長中ですので、今冬も移籍の可能性がありえるのでは。

 

 

退団ガ決定した選手

GK

荻 晃太 (→未定)

 

DF

那須 大亮 (→引退)

ジョアン・オマリ (→FC東京)

橋本 和 (→FC岐阜)

 

MF

増山 朝陽 (→アビスパ福岡)

 

FW

ダビド・ビジャ (→引退)

ウェリントン (→未定)

ルーカス・ポドルスキ (→アンタルヤスポル/トルコ)

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、ヴィッセル神戸2020冬の最新移籍情報と補強で獲得すると噂の新加入選手と退団情報についてお伝えしてまいりました。

 

現在のチーム戦力としては、攻撃陣の人材不足、CBの強化が挙げられます。そのため、2020冬移籍でも動きがあるのではないでしょうか。

2020冬移籍でも三木谷監督の手腕によって、ポドルスキイニエスタビジャに続く大型移籍が成立するのでしょうか。

今から、楽しみですね。

 

いつもありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*